家族ゲーム 3 (3) (電撃コミックス EX 4コマコレクション)

【家族ゲーム 3】 鈴城芹 Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション


というわけで、引き続き三巻を読了。
堪能させていただきました(ゴチ
最大の懸案だった由寿と尚武の実兄妹恋愛模様は、とりあえず一区切り。この辺、由寿の自重はエロゲやラノベに毒されてる自分にとってはちょと残念だったのですが(マテ 彼女の意識をそうした考えに持って行かせる展開が秀逸で、こりゃあ上手いなあ、と。ぴよちゃんが昔好きだった人と尚武のリアルでの関係が、ネットゲーでの由寿とぴよちゃんの互いに正体を知らないままの人間関係に上手く絡み合って、ああした展開になっていったのは瞠目に値すると思います。これは本当に上手かった。
それで、今度はとんとんとぴよちゃんと尚武の関係が発展するのかと思いきや、尚武の無頓着振りとぴよちゃんの自身の気持ちの掌握具合がまだあいまいなところから、しばらく停滞展開の模様。一歩下がったとはいえ、まだまだ由寿もアニキのことを吹っ切れたわけじゃないだろうし、予断を許さない三角関係だな、おい。
一方で順調に進展を続けているのが、葵と悟の格ゲーカップル。
悟母、勘違いもとうとう行きつくところまで行ってしまい……小5の女の子がご懐妊♪とか、妄想もいい加減自重しろ(爆笑
ただ、この勘違いを単なる馬鹿話で終わらせず、二人の意識を推し進めるピースとして活用してくるあたり、やっぱりうまいんですよね。
この漫画家さん、人間関係の構成が抜群にうまいや。かなり登場人物多いんですけど、まったく混乱せず縦横斜めに複雑に絡まり合った人間関係が機能しまくってる。ラブコメとしては最高値。
にしても、この二人は可愛いなあ、可愛いなあ。
葵なんて、最初の頃は女の子らしいところが微塵も感じれれない子供だったのに、今じゃあ悟のことを意識しまくるわ、悟とクラスメイトで何かと行動を共にすることも多く、以前に比べて距離も縮まっている姉の真言と悟の関係に嫉妬したり警戒してみせたり(笑
お姉ちゃんの方は、悟なんて眼中にないし(というか異性に興味なし)、葵が悟のことを好きなの知ってて、平然と妹の彼氏とか明言してるんですけどね。
でも、当の本人たちはといえば、悟は悟で中学生の自分が小5の女の子を好きになるのはどうかと思うし、彼女の方も自分なんか全然男として見てないだろうから、一生懸命変に意識しないように努めているわ、葵はようやく自分が悟のことを好きだと自覚したものの、まだ子供の自分が女の子として見られているはずがないから、気まずくならないようにやっぱり意識してるところを悟られないしたり、とお互いに気持がすれ違いつつ噛み合う状況に。
小指のお話は、もう悶死するかと思いましたよッ。
この漫画、ちゃんと作中で時間が進行してるんですけど、一年前のバレンタインから、ほんといろいろ変ったよなあ。おもにニヤニヤ方面で。

そして、思わぬ方面での進展も。
これまで異性に関心なしの真言に手も足も出なかった西浦くんが……(ニヤニヤ
いやはや、こうなるとはーーっ。図らずも、パパとママの過去と同じ展開をたどることに。もうこれはニヤニヤが止まらん。
まだ真言の方は完膚なきまでに西浦くんのことを異性として見てないんですけど、ママも中学の頃はパパさんのことを財布としてしか見てなかった、と過去にのたまってるので、これからどうなることやら。
現在のパパとママのラブラブっぷり(金銭面除き)を鑑みるに、将来的に真言が西浦くんを意識し出した時にいったいどれほどの破壊力が発生するのか。今からドキドキがとまらん。
そして予想だにせぬ展開その供
まさか窓香が一番乗りかよ!! 腐女子なのに。腐女子なのに(w
でも、ラスト前の靴箱で顔赤らめてるコマは、窓香なのに萌えた。まいった。こいつも所詮は女の子か(ニヤニヤ

これは大全力でお勧めです。買いですよ、買い。素晴らしいラブコメ四コマです。

CERO15対象内ならなんでも言うコトきくよ?


とりあえず、この台詞にティンときたら、速やかに家族ゲーム既刊三巻をコンプリートせよ(笑
私はこれで死にました。おーヴぁー。