キスよりも早く 1 (1) (花とゆめCOMICS)

【キスよりも早く 1】 田中メカ 花とゆめCOMICS


なんという焦らしプレイ!!(笑
これは面白かった。もう、ニヤニヤが止まらない。両親を亡くし、幼い弟と路頭に迷っていたところを担任教師に拾われて、何の因果か売り言葉に買い言葉。過程をすべてすっとばし、弟を養うために勢いで結婚することになってしまった女子高生梶文乃(16)。
最初、読み切りとして書いたからか、まず担任教師と生徒の結婚という設定が欲しかったようで、先生がそこまでする理由とか、二人がお互いを好きになるまでのタメがいささか弱くて唐突感があるんですが、まーそこさえ通り過ぎてしまえば、最初から最後まで頬の筋肉が緩みっぱなし。
先生と生徒という関係上、夫婦という事実は隣家に住む先生の友人以外、周囲には一切秘密。
秘密の関係ってのは、やっぱり盛り上がりますww
しかも、いきなり過程全部すっとばして夫婦になってしまったため、文乃さんとしては先生との距離感が掴めない。弟も懐いてるし、助けてくれて感謝もしてる。これまで両親を無くして傷心の身の上で心無い親戚に傷つけられ、それでも弟を守るために気を張り詰め続けていた自分としても、やっと安心できる優しい日常を与えてくれた先生。
自然と好意を抱くようになるわけですけど、先生ったら夫婦になったのに手を出してこないし、やっぱり先生が生徒と結婚なんてしてたら立場上非常に拙いわけで、自分たちの存在が負い目になってる不安もある。
そのへんの揺らぐ乙女心が、もうさすがは少女マンガ、素晴らしい(笑
えっちは無し、キスすらもまだのプラトニックな夫婦生活なのですけど、文乃さんは一生懸命先生をその気にさせようと悶々としてるし、先生の方はあんまり我慢とか節制している風でもなく、むしろ文乃を焦らして喜んでるようなSッ気たっぷりの言動で、むしろ雰囲気はけっこうえっちい感もあります。
先生、家ではけっこうベタベタ文乃に触ってきますし(笑
間に四歳の弟君が入ってるからか、変にイチャイチャし過ぎずホッとするような家族の空気が流れてて、スーパースイートな甘味に胸やけせず、程よいバランス。
まあ、なんにせよお互い好き同士というのは安心感があっていいですなあ。ヒロインにして主人公である文乃が、鉄火肌で強気系でありながら、初心で健気で献身的というところも、趣味、趣味合いまくりw
結婚から始まる恋愛関係。甘いのが好きな人、おすすめです。

併録の「月とひまわり」も、えがったなあ。美月かわいいよ、美月。女の子の笑顔を、ここぞという時にズギュン!と描ける少女マンガは、外れないっすね。らぶらぶ〜