バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫 い 3-1-5)

【バカとテストと召喚獣 4】 井上堅二/葉賀ユイ ファミ通文庫


うおっ、ラブコメだ! ラブコメだ!
いやいや、元々がとにかく馬鹿話を馬鹿馬鹿しくバカっぽく騒いで盛り上がる物語なので、3での衝撃的なラストも茶化してしまうのかと半分疑ってたんですが、こりゃ思いのほか真っ向勝負にラブコメきましたよ。
しかし、美波さんよ、いいのか? 本当にいいのか? この男、明久は確かに人間的にはわりと好感のもてる男かもしれないが……ほんとにバカですよ?
可哀想なくらいに頭が可哀想ですよ?
救いようがありませんよ?
まああれだな。将来くっついても一度は離婚するタイプのカップルだな。で、くっついたり別れたりを繰り返すわけだ。少なくとも、安定した家庭を築けるとは思えん!(断言
とまあ、くだらない話は脇に送って。本当に予想外にガチにラブコメに移行していて、ちょっと驚きましたね。
それも、変な誤解を引き摺らせず、さっさと一旦絡まりかけた関係をちゃんと清算してから、仕切り直しでラブコメを再スタートさせたところなど、物凄い好感持てましたよ。あのまま、美波を勘違いさせたまま浮き上がらせて梯子外したら、かなりひどい拗れ方して気分悪いことになったでしょうし。
それを、ちゃんと勘違いを正したうえで一度距離をあけなおして関係を近づけさせたのは上手かった。勘違い時とそのあとの美波のデレっぷりの微妙な差異や、気持ちの振幅上下動も丁寧に描いてて、これが可愛いんだ。まさにラブコメのヒロインらしいふらつきっぷり。
いや、それにしても生唾飲み込まされたのが、完全デレモード入った時の、イチャイチャ振りは凄かった。あとに演技でイチャイチャするシーンもあるんだけど、あのシーンと明らかに違うんですよね、甘さが。糖分が
照れやら外聞やら意固地なところを全部取っ払って完全受け入れ態勢に入った時の美波の破壊力は、ちょっとトンデモなかったです。
いやいや、何度思い返しても、あのシーンは凄かった。眼福。
しかし、こうなるとメインヒロインは姫路さんから完全に美波に移行かなあ。私は美波みたいなキャラの方が好みなので、こっちの方がいいんですけど。この作品もこのまま完全にラブコメ路線に突入か?