とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (2) (電撃コミックス)

【とある科学の超電磁砲(レールガン) 2】 冬川基 電撃コミックス


二巻になってもまったく変わらない面白さ。というか、まじおもしれえな!!
なんでこんな漫画描ける人がこれまで埋もれてたんだ? これは明らかに、原作付きでなくても傑作のたぐいを描けるレベルの人だと思うんだが。
なんにしても、この巻については木山先生ですよ! 木山先生ですよ! 大事なことなので二回言いましたよ? 木山先生ですよ! 挙句に三回言ってしまいましたよ!?
なにこの人。こんな激烈なポンテンシャルを秘めた萌えキャラでしたっけ? こんな天然ボケのアホの人でしたっけ。もう、破壊力が尋常じゃないんですけど!!
カバー裏の四コマ漫画や事件で肝心なことをまったく想定してなかったのを見てると、この人低テンション型クールな知的美人にも関わらず、明らかにドジっ娘だしww
いやもう、木山先生最高! あの藪にらみの目つき、というか目の下の隅も素敵です(マテ

それにしても、改めて見ても躍動感のある素晴らしい漫画である。なんか読んでるとめちゃめちゃ動くアニメーションを見てる気分にさせてくれるんですよね。テンポや小回りもそうなんですが、同じ場面でもコマごとにカメラの位置が違うんですよね。前後左右のみならず、斜め上から見下ろすような視点、斜め下から見上げるような視点。ただ立ってお喋りしているだけのシーンでも、この視点が前後ろ斜め下斜め上と絶えず動いているので、とにかくめちゃくちゃ躍動感があるんですわ。これが見てて飽きない。それどころか、ぐいぐいと引き込まれていく。くわえて、キャラの表情や挙動もしっかり魅力的に描き込まれているので、威力は二乗。アクションシーンも言わずもがな。
いやいや、この人凄いですわ。これは、この漫画が終わっても継続して追いかけるべき人でしょう。
大絶賛大絶賛。