リカってば 3 (3) (まんがタイムコミックス)
【リカってば! 3】 長谷川スズ まんがタイムコミックス



……頭抱えてうずくまりたくなるんですけど、この展開。というか、この主人公とヒロイン。
いやもうね……いいんじゃない? これも一つの恋愛の形であり結末でしょう(苦笑
塚田とリカ。お互い両想いにも関わらず、へたれチビ眼鏡のへたれ根性と、デカバカ女の鈍チン勘違いによって、すれ違ってしまう二人。あげく、リカってば羽鳥くんと付き合うことに。
塚田のこと、まだ好きなのにこのまま付き合うのってどうなのかなあ、と悩みながらも、相手の羽鳥くんと付き合ううちに彼のいろんな所にときめいたりしてしまって、ズルズルとお付き合いを続けてしまうリカ。
一方の塚田は、安曇さんの告白を振ってまでリカに想いを貫いたのに、結局肝心なところでへたれて、想いを告げることなくリカを突き放してしまい、へこみまくる塚田。一巻まるまるへこみっぱなしで、こいつうぜぇ。
しかも、挙句に日和やがるし。
あまりのへたれっぷりに、憤りを通り越してもはや親近感すら湧いてきてしまった。……なんだよ、親近感って(汗
これで、本命以外の女の子相手には姉仕込みの女のあしらい方で上手いこと接してるあたり、やっぱり憎たらしいなコイツww
ただ、この四角関係。羽鳥くんは薄々、安曇さんに至っては明確に、相手が別の人を好きなことを知ってて尚、がっちり相手のこと掴んで離さないんですよね。
こういう渋とさ、ねちっこさ、押しの強さはかなり小気味よく、徐々にリカや塚田の心を手に入れつつある手腕は、お見事である。羽鳥くんなんか、別に自然体なんですけどね。むしろ、不器用な付き合い方にすら見えるんだけど。
ただ、微妙に羽鳥くんなんか、違和感あるんですよね。わりとクールというか……、見事にリカをゲットしたにも関わらず、微妙に熱量が低いような…??
ここまでこんがらがってしまうと、誰も傷つかずに終わる形が想像できないんですよね。四角関係の再編で上手いこと収まるにしても、これだとよっぽど流麗に恋心の変遷の流れを作ってくれないと、リカの別れるかわかれまいかの愚図愚図具合を見せられると、なんかはっきりとしたインパクトのあるイベントがないと、納得した二人の別れができないような。
というか、やっぱりもう今のカップルでも別にいいですよ? とか思ってしまうのはいけないですか?
いいじゃん。それもありだよ。物事、最善よりも次善三善で収まる方が多いですし。それをフィクションでやるのは珍しいですけどww