輪環の魔導師3 竜骨の迷宮と黒狼の姫

【輪環の魔導師 3.竜骨の迷宮と黒狼の姫】 渡瀬草一郎/碧風羽 電撃文庫


い、胃が痛い(苦笑
普通、魅力的な新ヒロインが登場したら嬉しいもののはずなんだけど、この【輪環の魔導師】シリーズだけはそうじゃないんですよねえ。
フィノの影が凶悪すぎてw
なんかもう、魅力的なヒロイン! ってだけで死亡フラグみたいな!?
ちょっとでもセロにフラグ立てようものなら、それだけで惨殺の予感がww
本来ならドキドキするようなイベントを読んでても、別に意味でドキドキですよ。
二巻で登場したシズクやティアネスは、シズクはアルカインラブだし、ティアネスはそもそも人間じゃないので、本当の意味でフィノの反応対象からはズレてたからいいんですけど、今回のイリアード姫はマジやべえ(笑
正直、最後はああいう展開になって逆にホッとしてしまったのは自分だけでしょうか。むしろ、セロたち一行といる方が身の危険が大きかったんじゃないのか?(笑
イリアード姫が、優しく穏やかで強く健気で活発、さらには姫将軍と謳われるほど勇ましく、戦闘面でも強力。おまけに魔獣<黒狼>を幼いころから育てて相棒にしているという、性格的にもヒロイン的にも戦闘要員的にも完璧超人、強力な正統派メインヒロインというキャラクターだけに、病ん病ん病んなフィノのセロへのベタベタ振りが恐ろしくなる。
将来、血を見ずにはいられなさそうで。

一方、そんなフィノに引きっぱなしのアルカイン、二人の関係を心配しつつもどこか他人事ですけどあーた、自分も相当ヤバそうなお嬢さんに目ぇ付けられてるの気が付いてますか?(苦笑
セロはあれで、殆どフィノの病的な部分に気づいていない幸せ者ですけど、気づいてて構われるのってかなりキツいことになりそうで……がんばれーアルカインww
いや、明確に敵である分、アルカインの方は面倒くさくないのか。
やっぱりフィノだよなあ、怖いのは。

「ふとした拍子に眼が覚めましてね。なんとなくセロとフィノのほうを見たら、眠りこけるセロの顔を、フィノが……」
言葉を区切り、ホークアイはわざとらしく眼を見開いた。
「……こう、じいいい――――――っ……と、間近から瞬きもせずに、無表情で見つめていましてね」


ほんとに怖いよ!