おまもりひまり(1)  浪漫ちっくメモリー (富士見ファンタジア文庫 191-1)

【おまもりひまり 1.浪漫ちっくメモリー】 みかづき紅月/的良みらん 富士見ファンタジア文庫


これはエロいな!!

元の原作の方も、これがなかなか絵にしてもシチュにしてもえっちい漫画で、けっこうお気に入りなのですが……ちくしょう、ある意味素晴らしいまでに原作を尊重した小説化でございますよこの野郎(笑
ただえっちぃんでなくて、ちゃんと【おまもりひまり】のえっちぃさなんですよね。緋鞠のけしからん隙だらけの緩々な襟元とか襟元とか、裾の合わせとか合わせとか、シズクの濡れ濡れのスケスケのロリロリなビチョビチョとか(意味不明
えっちぃさの方向性と言うかシチュエーションが、勝手をしておらずちゃんと「おお【おまもりひまり】だ!」と、原作知ってると嬉しくなっちゃうような忠実さなのが素晴らしい。
それ以上に、原作よりさらにヒートアップ、危険領域に至っちゃってるのがなお素晴らしい(w
そりゃ、若い男が自制心をそうそう保てんよなあ。原作でも、けっこう弱い方だけど、この小説の方だと邪魔が入るの遅いからさらにけしからん事に(笑
ライトノベル的に、ここまでえっちぃ描写表現が至っちゃってるのは、なかなかないんでないでしょうか。筆者がもともと、美少女文庫だけ書いていただけあります。これまで、一般レーベルに進出してきてから書いてた本には、そうした表現はあんまりなかったので、正直舐めてました。
エロいです、さすがです、エロエロですww
まさに本領発揮?(笑

少々残念だったのは、凛子にあんまりそういうシチュが巡ってこなかったところですけど、お色気とはまた別のところでしっかり存在感出してたので、これはこれでいいのかなあ。もともと、色気無いし(失礼
いやさ、あの健康的な素朴さが逆にいいんですよ、と原作の方ではけっこう暴走しがちな彼女のファンの独り言。
なんか、一巻という巻数が付いてる以上は、続きも出るんでしょうか?
買いますよ? うん。エロエロですけぇ。