神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎 神曲奏界ポリフォニカシリーズ (GA文庫 あ 4-1)

【神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと白銀の虎】 あざの耕平/カズアキ GA文庫


べらぼうに笑ったわ! ユフィンリー、ユフィンリー!(爆笑
ユフィンリーの姐さん、もともとポリ赤のメイン格の一人なんですけど、どうもあっちでは大人しいというか、猫被ってるような、本性まだ出てないような感覚だったんですよね。彼女のプロフィールやたびたび語られる性格、エピソードからしても。榊作品でも、時々ネジが一本二本飛ぶタイプのキャラクターが下地にあるように感じてたんですけど、ポリ赤の作品の性格か、なかなかそういう一面が見られなくて、実のところちょっと欲求不満なところがあったんですが……やってくれました、あざの先生が。
ユフィンリー、ユフィンリー!(爆笑

というわけで、第二話。似た者同士の近親憎悪、仲がいいのか悪いのか、サリエルとユフィンリーの確執、までには至らないか。見栄の張り合いを発端としたある凄まじい価値を持つアンティーク単身楽団にまつわる狂騒劇。これが、もう笑い死ぬかと思うくらい、笑った笑ったw
サリエル、アマディア、ユフィンリーの三者三様にして同レベルの繰り返しパターンもさることながら、それらの集大成となる集結編。
もう、この場面の雰囲気の凄まじさと言ったらいやもうすごいのなんのって……ぶはっ(思い出し笑い

自信家にして野心家。傲慢にして傲岸。唯我独尊の俺様野郎であるところの主人公ダン・サリエルですが、この男のそれは夜郎自大ではないんですよね。
確かな実力と、天才を名乗るに相応しいセンスと能力。それ以上に、自分の力量とその性質を客観的に把握し、自信家というスタンスの影で常に自分の音楽家としての在り様に悩み続ける、本物の芸術家とも言うべき男なんですよね。
そうした彼の苦悩は第一話や、第三話のダン・サリエルと孤高の老楽士でも語られることとなるんですが、カッコいいんですよ、この男の生きざまは。悩みや迷い、常に自分に疑問を抱きながら、そうした疑念ですら自分の音楽家としての価値、至高に至るための糧として否定することなく貪欲に飲み下す、誇りの高さ。
上っ面こそ倦厭したくなるような男ですが、コジが神曲ではなくサリエルという人間そのものに興味を抱いたように、アマディアがその生きざまに憧れを抱き惹かれたように、その芯はまことに魅力的な男性なんですよね。
傍から見てる分には、人を人とも思わないろくでもない野郎以外の何者でもないんですが(笑
ただ、こいつの偉そうな態度は鼻につくものじゃなくて、なんか愛嬌があって微笑ましいんですよね。けっこう単純だし、陰険に見えてわりとサッパリしてるし。ネチネチしつこいところはありそうだけど、陰湿とは程遠いし。けっこう子供っぽいし。
めちゃくちゃに見えて、良く見ると筋が通ってるし。良く人の心を逆なでするようなこと言ってるけど、人の気持ちが分からないような輩でもなく、それどころか案外世話好きなところもあるようだし。
傍から見てると楽しいタイプ、ではなく、深く付き合って楽しいタイプ、というべき人物なのかもしれないですね。

ふと思ったのですが、サリエルの音楽のスタイルって、小説の中のライトノベルというジャンルへの思索にウーノ氏的に互換されるのかしら、などと深読みしてみたり。
そう考えると、色々意味深で、でも、結局のところ頼もしいんですけどね。