ライタークロイス5 (富士見ファンタジア文庫)

【ライタークロイス 5】 川口士/柴倉乃杏 富士見ファンタジア文庫

Amazon


いや、ここで完結してしまうとは。世界の謎や勢力を増しつつある魔物たちの動向、国家間の紛争の気配、それらをすべて脇に置き、物語はここに幕を下ろす。
拍子ぬけといえばそうなのだけれど、これがカインの物語だというのなら、非常に徹底した潔い終わり方と言えるんじゃないだろうか。
武芸は人並みよりも上だけど決して図抜けているわけじゃない。性格は素直で実直であり策謀を巡らす奸智に長けているわけでもない。好漢であり他人から好かれる性質ではあろうけれど、カリスマがあるわけじゃない。野心も田舎から出てきて騎士になりたい、という程度のものでありさして大きいものでもない。
言ってしまえば、徹底して凡人。それがカインという青年の特徴でもあったわけだ。
だが、彼は騎士試験を通じて王女ファリアと出逢うことで、凡人が歩むはずだった道とは少し違うルートを歩くようになってしまう。
ファリアの従衛となることで、カインは本来の彼ならば踏み込むところではない国家の大事に踏み込み、ファリアを助けて手柄を立てるのだけれど、彼が本当に凡庸な人間なら何度も死んでいただろう場面で、彼はギリギリの瀬戸際においたてながらも、なんとか周りの人たちに助けられながら生き残っていく。
なら、彼に特別なナニカが秘められていたのだろうか。
5巻を読み終え、思い返して見ても、これには分からないと首を傾げるしかなかった。
ありそうで、なさそうで、どっちともつかないんだよなあ。前回の事件の黒幕が、彼をまったく重要視しなかったのも無理からぬところだと思う。あれは通常の判断、というべきだ。ただ、そう言いきってしまうには彼は活躍しすぎているんですよね。一見すると地味な働きしかしていないようで、重要な場面でやるべきことはやり、あとから客観的にみると大手柄、としか言えないような戦果をあげている。
だから、多分、何かを持っていたんでしょう。稀代の英雄、伝説の騎士と後々言われるような何かを。
だけれど、結局、カインはそんな高みに至る道を選ばなかった、あくまで凡人として、ただの騎士として生きる道を選んだ。その結果が、この5巻でのこの作品の終結だったんじゃないでしょうか。
具体的に言うなら、ファリアの告白を振ったあの時点で。
もしイングリドではなく、ファリアを選んでいたとしたら。彼は王女の配偶者となるわけで、否応なく国の趨勢に関わる立場へといずれ登っていくことになったでしょう。
多分そうなっていたら、その時こそ彼の中にあった資質が開花していたのかもしれません、そんな気がします。
でも、カインはただの騎士である事を選びました。だからこそ、この【ライタークロイス】という作品は、世界の謎やらのでっかい規模の話は放置して、幕をおろさなければならなかったんじゃないかなあ、と。
その意味では、非常に徹底した姿勢だと思うんですよね。その点についてはとても得心のいく終わり方だったと思います。
ある意味、とてもすっきりきっかりとした終わり方だったんじゃないかと。


それはそれとして……ファリアが振られたおかげで私、ふてくされてますけどね。ケッ。
いいじゃんいいじゃん、あんな木石野郎以外にもあんたにお似合いの男はいるって絶対。
もういっそ、ファリア主人公にして話続けませんか? もちろん、相方は新登場で、新しい恋模様を、ね?ww