ギャルゴ!!!!!〈4〉地獄天国直通大全 (MF文庫J)

【ギャルゴ!!!!!4 地獄天国直通大全】 比嘉智康/河原恵 MF文庫J

Amazon


これは、予想をはるかに上回る緊迫した展開だった!!
やられたわ。自分、全然噂長の正体にたどり着けなかった。あとから考えると、あれ? と思うような違和感を感じた瞬間が何度かあったはずなんだけど、気にせずスルーしていた。
噂長の本命である彼女に関しては、彼女の存在が現れ、名前が明らかにされる以前から当初から疑わしい感じはしていたんだけど、かと言って可能性を否定しきれないところがあったんですよね。
それっぽく匂わせている点が、はたしてデコイなのか正体を示唆しているのか、どうにも判断しづらかった。正体を示唆しているのならあからさますぎるようなそうでないような微妙なラインだったのが、逆に強烈なミスリード要因になっていたような気がする。他に明確な噂長候補がいなかったせいもあるんだけど。途中から彼女の事を春男たちが噂長と決め付けた段階で、彼女は違うだろうとは思ったんだけど。一応、頭の片隅にそう考えることがひっかけで、実はやっぱり……みたいな展開も引っかかってたんですよね。なんかもう、全方位疑心暗鬼。
実はこの段階で、自分はことりさんが怪しいんじゃないかと疑ってたし。
挙句、最終段階であからさまに怪しい新キャラが登場するに至っては、はっきり言って大混乱。
なんかもうミスリードにいちいち足ひっかけて転んでいるような状態で、参りました。

いや、でも噂長の正体は明らかになったものの、噂長を倒せば万事解決、というこれまでの大前提がひっくり返されかねない、それどころかこの作品の物語の着地点がいったいどこになるのかすら分からなくなりかねないどんでもない凶悪な引きが、ラストに待っていて、なんかもう最初から最後まで翻弄された感覚です。

エアリスの下ネタ含め、エロい展開もちょっとレッドラインぶっちぎってるところまで暴走しはじめてるし、あらゆる意味でどこまで行ってしまうんだこの作品(汗

しかし、春男のヒーロー度はここに至っても右肩上がり。彼の、切羽詰まると軽口を叩いてしまう癖って、何気にヒーローらしい癖じゃないですか。
なんでなんでしょうね、周りには女の子たちがたくさんいて、一緒に戦ってくれる子たちがいるのに、どうしてこの春男から孤高でストイックな気配が薫ってくるのか。
本物の正義の味方というのは、こういう男の事を言うのかもしれない。惚れる。
ヒロイン衆も魅力的な子が多くて、ハナさんにしてもコトリさんにしても半端ない可愛さで、ここにライムまでいるんだから、どうしたらいいものか。
さらにエアリスがなあ。この巻読んでたら、彼女こそメインヒロインなんじゃないかと思えてくるわけで。
参った。