カンピオーネ! 2 (2) (集英社スーパーダッシュ文庫 た 9-2)

【カンピオーネ! 供)皺ν萠廖曄‐羞郛襦織轡灰襯好ー スーパーダッシュ文庫

Amazon


一巻読んだ時も思ったけど、これ初見で受ける印象より遥かに土台となる基礎レベル高いわ。二巻でいったいどうなるかと手ぐすね引いて待ってたわけですが、バトルにしてもラブコメにしても迷走に陥ることなく、きっかりと枠組み骨格強化され、その上でキャラクターもエリカ、万理谷というヒロイン衆の底上げに、リリアナという新ヒロインの投入。前作では名前だけ登場していたサルバトーレ・ドニ、今回の敵であるヴォバンという敵方もしかりと補強され、エンターテインメントとして確実に前回よりもレベルアップしていると見た。
面白い!

この作品。【神殺し】なる文句がやはり目立つせいか、アレな印象をどうしても受けてしまうのだが、この作品における【神殺し――カンピオーネ】とは、神殺しといっても神様より俺は強いぜ、という意味とは少々ベクトルが異なっている。
この作品のカンピオーネは、現実の神話にある神を殺すことで、その神が有している特性、特殊能力を権能という形で奪い取り、自分の力として使役する事を可能とした人間ということになる。
これは神殺しといっても理不尽な何の法則性もないとにかく無茶苦茶な力をもって暴威をふるう話とは一線を画している。特に主人公の護堂の神殺しとしての力は、非常に面倒くさい条件をクリアしないと発動すらしないものであり、敵と戦うにしても段取りが必要となる。
その上、今回の敵は同じカンピオーネ。とはいえ、殺した神が違う以上、相手の持つ能力もまた違うもの。しかも、複数の神を殺し、異なる権能を保有している人物だ。
そのため、護堂はまず相手の能力を把握し、そこから彼がどの神を殺したかを推察して対処法を見出し、その上でさらに自分の能力の発動条件を整え、戦術を蓄える、という段階を踏まなければならない。
これは敵を倒すというよりも、攻略するといった方が良さそうな、きっかりとしたプロセスを提示するスタイルなのである。
バトルものとしては、ドラゴンボールよりむしろH×H的な性質を持ったものとしてもいいのではないだろうか。
護堂が神の権能として奪った軍神ウルスラグナの十の化身の中でも最強とされる能力は、相手の正体を看破し、その在り様を言霊によって解体し、神秘性を剥奪していくことによりダメージを与えるという代物であり、神に対する蘊蓄、考察や解釈は京極堂の憑物落としにも類するなかなか見応えのある論述となる。
今回は特に、魔王ヴォバンの殺した神の正体は、その特徴、能力からはまるで想像していなかったあまりにも意外な、だが誰でもその名前を知っている有名な神様で、これは心底驚かされた。
前回のアテナもそうだったけど、これは一般的なその神の神話を知っているだけでは、なかなかその正体には辿りつけないだろう。太陽を食らうほどの狼となると、まずフェンリルとかそっちの方しか発想がいかん。
この神の正体、成り立ちの解体のくだりは、毎回非常に読み応えがあって実に面白い。
まあ、前回の感想でも少し触れたけど、神の正体を突き止めるのにやっぱりフィールドワークの類いは行わないんだけどね。これやっちゃうと一冊では収まらんというのもあるだろうし。

とはいえ、カンピオーネという存在が神殺しの名に相応しいまったくもって傍若無人な暴君であるというのは間違いないことで。
その横暴さ、理不尽さを体現する存在として、今回登場のカンピオーネ。サーシャ・デヤンスタール・ヴォバンはその存在感を示してくれたのではないだろうか。まさしく、魔王。この自分以外の人間を虫けらとしか考えていなさそうな、自身の欲望に忠実な暴虐の王。
これほど揺るがぬ悪そのものであり、大物の威風を損なわず君臨する敵というのは、なかなかお目にかかれないんじゃないだろうか。
なにしろ、主人公からして世界の魔術師たちが王と崇め傅く<カンピオーネ>なのだからして、敵もまたそれ以上のボスキャラでないと話にならない、というのもあるんだろうけど、しっかりとそうした存在感のあるボスを敵として配置してくれるところは、安心感がある。

そう、やっぱり護堂も【王】なんだよね。彼の性格やキャラクターは、決して他のバトルものの主人公から逸脱したものじゃないはずなんだけど、彼の戦いぶり、存在感というのは一人の戦士ではなく、君臨する王であるのだというのは、今回読んでてなんか実感した。
面白い。
エリカや万理谷、そんでリリアナにしても、仲間であり守る対象でありながら、同時に王に従えその命に殉じる騎士であり、巫女なんですよね。
途中、万理谷が幻視するシーンで、王を守護する紅と青の双壁の騎士というイメージがあったんですが、あれはなんか燃えたw
ヒロインたちが主人公を守護する役目を担っている、という作品はよくあるんですけど、その対象となる主人公ってここぞというときは活躍しても、どうしても庇護者という印象が強いんですよね。一方で、この護堂は普段はどうあれ、自分がどういう存在かを認識し、理解した上で、しっかりと受け入れている。時にその力を振るうことを厭わない、王として振る舞うことを忌避しない、エリカたちが従うに足る存在感があるんですよね。見ていて、爽快ですらある。

で、その彼を取り巻くヒロイン衆ですが、前回は脇に押されていた万理谷がメインとなってプッシュされてましたけど、やっぱりここぞという時にエリカが示す存在感は大きかった。
言葉すら交わさず一瞬のアイコンタクトで互いの意思を通じ合わせる、その繋がり。互いの能力以上に、その考え方、有り様を信頼しきり、共に地獄に落ちることも躊躇わない絆。
相棒として、こればっかりは他の女が入る余地がないような関係に見えますね。
ただ、逆に相棒としての信頼関係が強すぎることが、エリカが恋愛関係で護堂を落とせないことにつながっているような気がします。
日常では、どちらが主君か知れたものではない傍若無人さで護堂を振り回し、下心や打算を隠しもせず護堂に色仕掛で迫る彼女。
彼女が所属する魔術結社の利益のため、護堂を籠絡し利用しようとしていることを隠してもいないエリカですけど、彼女がそれ以上に護堂に惚れているのも間違いない話で。きっと、彼か組織かの選択を迫られたら刹那の迷いもなく、彼の側に立つんだろうな、という気持ちはその言動の端々から伺えるわけですが。元々組織への忠誠心とかあんまりなさそうですし、自分本位だし。彼女の開けっぴろげでフリーダムで奔放すぎる愛情表現、求愛行動は、どちらかというと彼女の諧謔的性格に基づいているようにも見えるんですよね。護堂の力を借りたい、利用したいってだけなら、彼本人が宣言しているように、普通に頼めばよほどの理不尽でなければ喜んで力を貸してくれるはずなんだから。
初めて出会った頃の冷淡な態度が彼女の素の顔だとしたら、今のエリカは騎士として護堂に仕えるだけでなく、女としてベロベロに惚れてるって事で、だからこそあんな求愛行動で迫って護堂の反応を楽しんでる、というか落とす過程を楽しんでるんだろうけど。ただ、本気で護堂に恋愛感情を芽吹かせたかったら、女としての隙を見せてやらないと、今のままだと相棒としてしか見てもらえんのではないだろうか。なんだかんだと、エリカって頼もしすぎるもんなあ。
あいつ、エリカがストレートに好きです、って迫ったら意外ところっと行きそうなんだけどなあ。

P.S
キスシーンがエロいというのは大事だと思う。大事だと思うw
万理谷とのシーン。息継ぎした時に早口に神の在り様について語りながらキスを繰り返す、というシーンもエロかったんだけど、ラストのエリカが護堂の首根っこ押えて、万理谷とのそれを消毒するようにネチネチとしてくるそれも、エロかったなあ(堪能