東方儚月抄~Silent Sinner in Blue. 中 (2) (IDコミックス REXコミックス)

【東方儚月抄 Silent Sinner in Blue. (中)】 原作:ZUN 漫画:秋★枝 (IDコミックス REXコミックス)

Amazon



月面侵攻用ロケット完成披露宴に出席した時の霊夢の洋風にアレンジされた巫女服っぽいドレスは、良かったなあ。スカートにはフリルついてたし。
ポンと、衣装を変えちゃうあたり、魔理沙って魔法使いなんだなあ、と今更のように納得。
さて、全体構図は明らかになってきたような、なってきていないような。
月に侵攻しようとしている真の黒幕は、取りあえずは紫の事でいいのかしら。
えーりんは、そう思ってると見て間違いないのだろうけど、だったらなんでレミリアのロケットが月に到着するようにこっそり支援しているのか。一方で、綿月姉妹に情報を流しているわけだし。んー?
なーんか、そう単純な話じゃないような気がするんだけどなあ。えーりんも、月侵攻の真犯人を見つけ出したい、とは言ってるけど。見つけてどうしよう、って言ってるわけじゃないんですよね。綿月姉妹に丸投げしてる。月の都を守りたい、と言っているのは真意として、月の都を守る、というのは具体的にどういった結果を以って守る、としているのか。紫の意図を挫くことなのか、はたまた……。
そもそも、紫が真犯人だとして、彼女が月に対して何を目論んでいるのか、その目的がわかんないんですよね。その目的次第では、えーりんと対立するような形にならないのかも。現段階だと、えーりんの思惑通りに事が進んでるみたいになってしまってるものねえ。それだと、紫の立つ瀬がないわけだし。
だいたい、幽々子様もわかんない。彼女の言う、敵をだますにはまず味方からって、誰が敵で、誰が味方なのかという前提からして、どうなってるの? と眉間に皺を寄せて考え込まなくてはならない。
レミィに、月ロケットの推進力となる概念を教えた意図は? 紫を助けるつもりなのか、はたまた成果を横からかっさらうつもりなのか。
でも、幽々子様にしても紫にしても、物欲とは程遠そうだし、何が狙いなんだろう。
わっかんないなー。

面白いのは、えーりんの弟子のうどんげ。幽々子の従者である妖夢。紫の式神である藍。事態の裏でうごめく三者の手足となって働く、ナンバー2の三人が三人とも、主の真意を読めずに困惑しているところでしょうか。
みんな、意地悪だよなあ。あの娘らが、わかんなくて困ってるのを楽しんでいる素振りすら見せてるし。
一方で、そういった動きに気づいていながらもまったく頓着していない風なのが、霊夢あたりですか。上手いこと利用されていることを自覚しながら、あんまり気にせず流れに乗っかって泰然としてるんですよね、彼女。カウンター的なものを狙っているわけでもなく、受容しているというべきか。細かいところを気にせず、御輿に乗ってやる、というこの態度が、大物連中に好かれるところの所以なのかもしれませんけど。
咲夜さんも、パチェと同じく気づいてはいるんだろうなあ。レミィが踊らされてるっての。気付いて巻き込まれないようにちゃっかり残るパチェに対して、しっかり付いてくる咲夜さんというのも面白い対比なのかもしれません。
だいたい、レミィには踊らされてる自覚ないのかしら? それを理解した上で、真っ正面から食い破る、みたいな物騒な考え方をしていそうなのも、この吸血鬼の性格っぽいんだけど。