ひとひら 6 (6) (アクションコミックス)

【ひとひら 6】 桐原いずみ(アクションコミックス)

Amazon


ああ、本気になっちゃった。
ちとせって子は、結局あれなのか。恋する男の横顔に恋してしまう難儀な体質だったのか。
桂木にしても、甲斐にしても、ちとせがときめいて恋をしてしまったのは、彼奴らが自分と違う女を見つめてる横顔だったものなあ。
ちとせが不遇、というか可哀想なのは、彼女がまっすぐ過ぎる所なんですよね。権謀術数を駆使して、自分の方へと振り向かせようというタイプじゃない。桂木相手の時のように真っ正面から突貫して砕け散るか、最初から諦めにかかってしまうか。
まだ相手が、意中の女性とくっついているなら、諦めようもあるだろうに。桂木にしても、甲斐にしても相手に片思いの段階なんだから、やり様は幾らでもあるだろうに。
今回の場合なんか、最初から挫けてる。甲斐の意中の相手が、麦だからっていうのもあるのだろうけど。
麦は恵まれてる。野乃先輩や甲斐、そしてちとせが鍛え、励まし、支えてくれたんだから。一方で、ちとせに対して同じように支えてくれる相手がいただろうか。
麦に道を示し、導いたのは確かに野乃先輩だったかもしれないけど、その道を進むのに何度も挫け、逃げ出そうとした麦を、最後の最後で支えて背中を押してくれたのは、ちとせだったのに、演劇で麦に役を実力で取られ、恋愛でも好きになってしまった甲斐は、麦ばかりを見つめてる。
そこで黒い感情を抱いてしまうような子じゃないのが、彼女の貧乏籤を引いてしまう性分なのかもしれないけど、挫けてしまうのも無理ないよなあ。
最後の、演劇やめようかな、という呟きは、今までこの作中で麦だけでなく様々な人が同じような言葉を口にしていたけど、それらを凌駕する重く空虚な一言だった。

なんか、段々と麦だけでなく、ここにきて本格的にちとせも主役のようになってきたなあ。明るく天真爛漫に振る舞ってきたちとせだけに、誰も彼女の事を心配してないけど、だからこそ誰も見ていないうちにズブズブと深いところまで落ち込んでしまっていきそう。
こういう時こそ、今まで助けてきてもらった麦がなんとかするべきなんだろうけど、その麦こそがある意味元凶なんだから、なかなか難しい話。だいたい、麦にはそういう人間関係の対処能力が著しく欠けているわけだし。


ところで、裏表紙の四コマの響のあの反応は、つまりどういうことなんだろう。本編見てると、本気で他人に関心なさそうな彼女が、いちいち嫌がらせまでしてるってことは、当たってるってことなのかしら(2828

野乃たち三年生が卒業し、麦と甲斐が演劇部に加わって、これまでわりとモブキャラだった演劇部の面々が、ここにきて活き活きと動き出した感がある。部長のたまちゃんに、副部長のさちえ。美麗の下で賑やかに騒いでたこの二人の後輩コンビが、皆を引っ張るようになってまた色々と変わってくるんですよね。立場が人を作る、と言いますけど、これはなかなかの至言だと思うところ。立場ってやつは、否応なくその人の本人すら知らなかった一面を無理やり引っ張りだしてくるものだから、まー見てる分には面白い。自分がなると大変だし、部下や後輩として関わる事になるのも大変だけど(苦笑
でも、さっさと対立しちゃった野乃と美麗と違って、たまちゃんとさちえは上手いことコンビで成り立ってるみたいだし、喧嘩もすれ違いもありつつも、仲好く上手くやっていきそう。世代によって部活も雰囲気変わるものだけど、この演劇部も以前とは違う新しい雰囲気で、このままいっても楽しい感じになっていきそうだけど。
まあ、そこは後々のちとせ問題次第になるのかなあ。