年も越してしまいましたが、改めまして昨年2008年度我的漫画選定でございます。

つーてもねー。2007年度の同じ記事を読み返してみたら、あんまりラインナップ変わってないんですよね。新規開拓が少ないとも言えるし、漫画に関しては新陳代謝が、たとえばライトノベルなどに比べるとゆっくりしているのかしら。

といったところで、順次行きましょうか。


一位【Landreaall】 おがきちか IDコミックス

Landreaall 12 (12) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス) Landreaall 13 (13) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

12巻感想 13巻感想

これに関しては向こう十年は不動の一位でしょう。08年度に引き続いて、【Landreaall】。国内最高のファンタジー作品であります。
ウルファネア篇の完結となる12巻冒頭から、13巻の終わりまで主人公のDX不在のアカデミー編となるのですが、テンションマックスのままその面白さは一切変わらず。さらに、これは主人公の魅力が欠けているからではなく、むしろ不在であるからこそ主人公DXの存在感がさらに感じられるという凄まじい展開でもあり。
まあ、とにかく傑作なので一度手に取ってもらいたい。今のところ、まだ知る人ぞ知る、という階梯の作品なので。これはもっと評価されるべき作品だと切に思う。去年はようやく常連さんの幾人かを引き込むことに成功したので、今後も折にふれて布教活動に従事したいですねw



2位【機工魔術士 enchanter】 河内和泉 ガンガンWINGコミックス

機工魔術士 -enchanter- 16 (ガンガンWINGコミックス) 機工魔術士 -enchanter- 17 (ガンガンWINGコミックス)

16巻感想 17巻感想

真の真なるものとは何なのか。本物と偽物との違いは?
真偽の定義という哲学的論争を基軸にしたカリオストロとの闘争を通じて、この工学魔術という独特の世界観を有する物語の根底を為すテーマが、好きな女のために頑張る男の子、という最もシンプルな、そして強力な主題へと結実していくその展開はとてつもなく圧倒的で、最後までテンションあがりっぱなしでした。
作画能力やセリフ回しもクライマックスに近づけば近づくほど神がかってきて、とにかく当初の頭悪そうな萌え漫画の皮をかぶっていたのが信じられないくらい、骨太の作品になったという感想。
河内さんは、【賽ドリル】でもそうだったけど、エロカワイイ、コメディちっくな雰囲気とは裏腹に、その主題となる部分は実に哲学的な意味合いが濃くて、これが読み応え有るんですよね。
完結したものの、まだ後日譚的な話がぶっとく続いているらしいので、続刊期待。



3位【家族ゲーム】 鈴城芹 電撃4コマセレクション

家族ゲーム 3 (3) (電撃コミックス EX 4コマコレクション) 家族ゲーム 4 (4) (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション)

2巻感想 3巻感想 4巻感想 5巻感想

08年度における最大にして最高の大発見、大発掘ラブコメ作品。
Marvelous!!
Marvelous!!
Marvelous!!
ゲーム雑誌掲載の四コマ漫画なのですが、これが素晴らしいラブコメ漫画なのですよ。
4コマの傑作といえば、むんこさんの【らいかデイズ】がありますけど、こちらはさざえさん時空ならず、順次作中時間が経過していくタイプなので、当初は小学生だったメインヒロインの一人である葵なんかは、今や中学生になっているように、キャラクターが成長していくタイプの話なんですよね。同時に、キャラも立場や性格、人間関係もダイナミックに変化したりしなかったり。登場キャラクターも巻が進むにつれて増えてきて、それに準じて人間関係も複雑な絡み合いを見せ、旧来のキャラも違うキャラとの接触でこれまでと違った顔を見せたり、と巻が進むにつれて読み応えも増してきてるんですよね。
とにかく、08年度ぶっちぎりのラブコメ漫画でした!



4位【荒野に獣、慟哭す】 伊藤勢 マガジンZコミックス

荒野に獣慟哭す 7 (7) (マガジンZコミックス) 荒野に獣慟哭す 8 (8) (マガジンZコミックス)

7巻感想 8巻感想

マガジンZ、今月発売の3月号で休刊になるそうなんだけど、この【荒野に獣、慟哭ス】はいったいどうなるんだろう。なんとか、別紙で連載続けてほしいんだけど。この作品が打ち切りになるなんて、漫画界の損失ですよ、損失。
夢枕獏の原作を漫画化したこの作品、7巻の圧倒的疾走感、発狂しそうなド派手な大活劇から、8巻のおどろおどろしいジャングルの闇の暴力的な存在感。伊藤勢という一代の漫画家の才能が、縮退爆発したかのような大作なのである。今、これほどのアクションと、圧倒的な描写力を持つ漫画家がどれほどいるだろうか、なんて大層なセリフを吐いてしまって恥ずかしくない作品なので、まあ読んでみちょ。
そして、打ちのめされながら発狂し、笑い転げて震いあがれ。



5位【真月譚月姫】 佐々木少年 電撃コミックス

真月譚月姫 6 (6) (電撃コミックス)

6巻感想

誰も知らぬ境地へと到達しつつある佐々木少年版【月姫】の最新刊。
士貴の封印された記憶。遠野四季の真の姿。秋葉の苦悩。シエルの呪われた過去。
そして、アルクェイドの恋。
佐々木少年は、本当に【月姫】を完成させるつもりのようだ。
アルクかわいいよ、アルク。



6位【Under the Rose】 船戸明里 バースコミックス

Under the Rose (1) 冬の物語    バースコミックスデラックス Under the Rose (2) 春の賛歌 Under the Rose (3) 春の賛歌    バースコミックスデラックス Under the Rose (4) 春の賛歌 バースコミックスデラックス アンダーザローズ 5―春の賛歌 (5) (バーズコミックス)

1巻感想 2巻感想 3巻感想 4巻感想

十九世紀後期。ヴィクトリア朝イギリスを舞台としたある伯爵家の家族と、家庭教師として訪れた女性を中心とした物語。
溺れた。圧巻としかいいようのない人間の心の深淵に、首根っこを掴まれて、その黒いコールタールのような粘性の、視界ゼロの泥沼の中に首ごと叩き込まれて沈められ、やめてやめてと悲鳴をあげても聞き入れられず、否応なく溺れさせられた。
読み終えた後の、あのぐったりとした疲労感は未だに忘れられないです。これは、読んだら根こそぎ体力と魂の一部を奪われるような、そんな凄まじい作品。勘弁してくれ、と悲鳴をあげたくなるのに、それでも最後まで目を離せない吸引力は、闇の蠱惑というものなんでしょうかねえ。



7位【Roman】 桂遊生丸 ヤングジャンプコミックス

Roman 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

感想

幻想楽団“Sound Horizon”の5th Story CD 【Roman】を、あの【かしまし】を描いた桂遊生丸が漫画化した幻想組曲物語。
それは、新鮮で鮮烈であまりにも衝撃的な作品でした。

嗚呼、其処にロマンは在るのでしょうか……。





今回は7作品だけ、ピックアップということで。
もちろん、他にもあるんですけど、一押しという点ではこの6作があまりに図抜けていたので、今回はこれだけで。どれも、読んで後悔はさせません、と断言できるラインナップでございました。


以下は、上で紹介した以外の作品から、現在私が注目しつつ、尻尾振って追いかけてる作品です。




【看板娘はさしおさえ】 鈴城芹  まんがタイムKRコミックス

看板娘はさしおさえ 1 (1) (まんがタイムKRコミックス) 看板娘はさしおさえ 2 (2) (まんがタイムKRコミックス) 看板娘はさしおさえ 3 (まんがタイムKRコミックス)  感想



【sola 2】 阿倍野ちゃこ 原案:久弥直樹 電撃コミックス

sola 2 (2) (電撃コミックス)  感想


【ひとひら】 桐原いずみ アクションコミックス

ひとひら 5 (5) (アクションコミックス) (アクションコミックス) ひとひら 6 (6) (アクションコミックス)  5巻感想 6巻感想


【とある科学の超電磁砲】 冬川基 電撃コミックス

とある科学の超電磁砲 2―とある魔術の禁書目録外伝 (2) (電撃コミックス)  感想


【ヒャッコ】 カトウハルアキ Flex Comix


ヒャッコ 3 (Flex Comix) (Flex Comix) ヒャッコ 4 (Flex Comix)  3巻感想 4巻感想


【WORKING!!】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

WORKING!! 5 (ヤングガンガンコミックス)


【ユーベルブラット】 塩野干支郎次 ヤングガンガンコミックス

ユーベルブラット 7 (ヤングガンガンコミックス) ユーベルブラット 8 (ヤングガンガンコミックス)  7巻感想 8巻感想



【狼と香辛料】 小梅けいと 電撃コミックス

狼と香辛料 I (1) (電撃コミックス)  感想



【はやて×ブレード】 林家志弦 ヤングジャンプコミック

はやて×ブレード 9 (9) (ヤングジャンプコミックス)



【魔法先生ネギま!】 赤松健 少年マガジンコミックス

魔法先生ネギま! 21 (21) (少年マガジンコミックス) 魔法先生ネギま! (22) (講談社コミックス―SHONEN MAGAZINE COMICS (3971巻)) 魔法先生ネギま! 23 (23) (少年マガジンコミックス) 魔法先生ネギま! 24 (24) (少年マガジンコミックス)



【お茶にごす】 西森博之 サンデーコミックス

お茶にごす 3 (3) (少年サンデーコミックス) お茶にごす 4 (4) (少年サンデーコミックス) お茶にごす 5 (5) (少年サンデーコミックス)



【ベイビーステップ】 勝木光 少年マガジンコミックス

ベイビーステップ 1 (1) (少年マガジンコミックス) ベイビーステップ 2 (2) (少年マガジンコミックス) ベイビーステップ 3 (3) (少年マガジンコミックス) ベイビーステップ 4 (4) (少年マガジンコミックス) ベイビーステップ 5 (5) (少年マガジンコミックス)



【史上最強の弟子ケンイチ】 松江名俊 少年サンデーコミックス

史上最強の弟子ケンイチ 28 (28) (少年サンデーコミックス) 史上最強の弟子ケンイチ 29 (29) (少年サンデーコミックス) 史上最強の弟子ケンイチ 30 (30) (少年サンデーコミックス)




【結界師】 田辺イエロウ 少年サンデーコミックス

結界師 19 (19) (少年サンデーコミックス) 結界師 20 (20) (少年サンデーコミックス) 結界師 21 (21) (少年サンデーコミックス) 結界師 22 (22) (少年サンデーコミックス)



【絶対可憐チルドレン】 椎名高志 少年サンデーコミックス

絶対可憐チルドレン 12 (12) (少年サンデーコミックス) 絶対可憐チルドレン 13 (13) (少年サンデーコミックス) 絶対可憐チルドレン 14 (14) (少年サンデーコミックス)


【神のみぞ知るセカイ】 若木民喜 少年サンデーコミックス

神のみぞ知るセカイ 1 (1) (少年サンデーコミックス) 神のみぞ知るセカイ 2 (2) (少年サンデーコミックス)



【ハヤテのごとく!】 畑健二郎 少年サンデーコミックス

ハヤテのごとく! (14) (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 15 (15) (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 16 (16) (少年サンデーコミックス) ハヤテのごとく! 17 (17) (少年サンデーコミックス)



【ONE PIECE】 尾田栄一郎 少年ジャンプコミックス

ONE PIECE 巻49 (49) (ジャンプコミックス) ONE PIECE (巻50) (ジャンプ・コミックス) ONE PIECE 巻51 (51) (ジャンプコミックス) ONE PIECE 巻52 (52) (ジャンプコミックス)



【capeta】 曽田正人 講談社コミックスデラックス)

capeta(カペタ) 16 (16) (講談社コミックスデラックス) capeta(カペタ) 17 (17) (講談社コミックスデラックス) capeta(カペタ) 18 (18) (講談社コミックスデラックス)



【キングダム】 原泰久 ヤングジャンプコミックス

キングダム 9 (9) (ヤングジャンプコミックス) キングダム 10 (10) (ヤングジャンプコミックス) キングダム 11 (11) (ヤングジャンプコミックス)



【B型H系】 さんりようこ ヤングジャンプコミックス


B型H系 5 (5) (ヤングジャンプコミックス)



【センゴク 天正記】 宮下英樹 ヤングマガジンコミックス

センゴク天正記 1 (1) (ヤングマガジンコミックス) センゴク天正記 2 (2) (ヤングマガジンコミックス) センゴク天正記 3 (3) (ヤングマガジンコミックス)



【王様の仕立て屋~サルト・フィニート~】 大河原遁 ジャンプコミックスDX

王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 18 (18) (ジャンプコミックスデラックス) 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 17 (17) (ジャンプコミックスデラックス) 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~ 20 (20) (ジャンプコミックスデラックス)



【宇宙兄弟】 小山宙哉 モーニングKC

宇宙兄弟 1 (1) (モーニングKC) 宇宙兄弟 2 (2) (モーニングKC) 宇宙兄弟 3 (3) (モーニングKC) 宇宙兄弟 4 (4) (モーニングKC)



【GIANT KILLING】 ツジモト モーニングKC

GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC) (モーニングKC) GIANT KILLING 5 (5) (モーニングKC) GIANT KILLING 6 (6) (モーニングKC) GIANT KILLING 7 (7) (モーニングKC) GIANT KILLING 8 (8) (モーニングKC)



【かぶく者】 たなか亜希夫 モーニングKC

かぶく者 3 (3) (モーニングKC) かぶく者 4 (4) (モーニングKC)



【惑星のさみだれ】 水上聡志 ヤングキングコミックス

惑星のさみだれ 5 (5) (ヤングキングコミックス) 惑星のさみだれ 6 (6) (ヤングキングコミックス)



【ワールドエンブリオ】 森山大輔 ヤングキングコミックス

ワールドエンブリオ 4 (4) (ヤングキングコミックス)



【イエスタデイをうたって】 冬目景 ヤングジャンプコミックス
イエスタデイをうたって vol.6 (6) (ヤングジャンプコミックス)