7月の魔法使い (花とゆめCOMICS)

【7月の魔法使い】 田中メカ(花とゆめCOMICS)

Amazon


にゃーー! にゃーー! にゃーーー!(奇声
ストラァァァイク!!

完全にツボだ。OK、先生、このカップリングはパーフェクトです!


【キスよりも早く】で、先生と生徒の禁じられた(?)恋を描いている田中メカさんの読み切り短編集。と言っても、三編はオムニバス形式の短編連作、舞台は同じ学校でエピソードごとにカップルを変えて話を綴る形で。前の話の主役も、サブキャラで出てくるのですけどね。

で、これがもう素晴らしいんだわ。
最初の表題作【7月の魔法使い】が云わば、シンデレラと魔法使い。
二作目【王子様、11月のユウウツ】が王子様と魔女。
三作目【10月の女王と僕】が女王様と下僕、てな感じで。

いっちゃん好きなのは、女王様と下僕かな。これだけ、主人公女の子だし。幼馴染スキーとしては、これは外せんですよ。普段から顎でこき使ってた幼馴染の男の子を、突然男として意識してしまってからのヒロインの可愛さったら死む。デレてるときの可愛さといったらもう、ねえ(ニヤニヤ
なんだかんだと手綱握ってるのは男の子の方ですしねえ。

とはいえ、カップルとして愛いのは最初の二人なんですけど。この二人、くっついてからは後の二話でもサブキャラとして賑わしてくれるのですが、なんというか見てて思わず微苦笑を浮かべてしまうような微笑ましいラブラブっぷりなんですよね。イチャイチャしてる姿が嫌味なくて、観てるとこっちも幸せな気分になるような二人で。腕組んでるとか抱き合ってる姿よりも、手をつないで歩いてる姿が実によく似合うんですよね。君たちほんと、仲イイねえ(うんうん
とはいえ、彼。化粧のセンスやたら高いんですけど。こんな男、いるのか? いくら、姉ちゃんたちに使われてると言っても。

んで、次の話に王子様が来たのが、けっこう吃驚した。一話で完全に当て馬だったからねえ。意外と性格爛漫で面白そうなヤツとは思ったけど。
大概、この役割り振られる輩は底の浅い悪役ですもんね。そのまま痛い目見てフェイドアウト、が常道なのに。次の主人公に持ってくるあたりがなかなか面白い。

最後の読み切りも、不良少女と風紀委員長というツボに嵌まりまくったカップリングだし。うん、わかってる。この人、嫌と言うほどわかりまくってるよ(感涙


うーん、こりゃ以前オススメいただいた同作者の【お迎えです】もそろそろ手を出してもいいかなあ。