ディーふらぐ! 1 (1) (MFコミックス アライブシリーズ) (MFコミックス アライブシリーズ)

【ディーふらぐ! 1】 春野友矢(MFコミックス アライブシリーズ)

Amazon


……いや、この属性持ちとか、実は何の意味もないよね? 遊んでるだけだよね? 実は壮大な伏線でしたとか後で言われても「えーーーーー」って物凄い顔して唸るだけだよ?(w

いや、でも面白い面白い。これは面白かった。ギャグのテンポがもろに私のツボに嵌まってて、途中笑う笑う。
このお笑いのコントみたいな次々に全然予想外の死角から畳みかけるようなギャグは、こちらのガードをすり抜けてきて、御蔭さまでめったうちですよw
一方で、登場する女の子がキチンと可愛いのは実にえらい。可愛い所を丹念に可愛らしく協調してアピールしてくるところは、この怒涛のギャグ漫画を、きっちりラブコメとして仕上げてきているんで、拍手したい。
というかね、本来真っ先にアピールすべき主人公が所属するはめになったゲーム製作部の女性陣を放ったらかしにして、さっさと真・ゲーム製作部の部長の高尾部長(乳属性)を前面に押し出してくるあたり、割りきってるというか勢いに任せているというべきか(笑
ゲーム製作部のボーイッシュな女の子と担任教師なんて、ろくにしゃべってもいないじゃないか(名前もよく覚えてない)
むしろ、真・ゲーム製作部の高尾部長以外の三人の方が印象に残っているという……おーい。
でも、ゲーム製作部部長のロカと、高尾部長に的を絞ったのはこれはこれで正確じゃないでしょうか。だって、高尾部長がかわいすぎるんですもん。なに、この天然ドジッ子。本来、かなり強力なキャラクターである天然不思議ちゃんのロカを喰いかねない凶悪なキャラクター。なにより巨乳。実は事情あって旧ゲーム製作部を出ていく羽目になったロカを心配する優しいツンデレ不器用娘。やべ、この人かなり人気あるんじゃないですか?
帯の武内崇先生のイラストでも、ロカとともに前面に押し出されてるし。
うーん、かわいいなあ、かわいいなあ高尾さん。