会長はメイド様! 7 (7) (花とゆめCOMICS)

【会長はメイド様! 7】 藤原ヒロ(花とゆめCOMICS)

Amazon


う、うおおおおおおおお!?

ま、マジですか、なんですかそれ!? びっくらこいた、びっくらこいたよ。驚天動地の大展開!
まさかまさかの大進展!
いやあ、驚いた。驚きました。美咲会長、だいぶ碓氷の事を意識してきたとは思ってたんですが……。すみません、会長をちょっと見縊ってました。この人の性格からして、自分の碓氷への気持ちを認めてしまうのは非常に悔しいことでしょうから、たとえ完全に惚れた状態に陥っても、まだまだグズグズと引っ張るかと思ってましたが、会長さまの潔さ、嘘偽りをよしとせずいつでもどこでも真っ向勝負の清廉な心意気は、小憎たらしくついつい反発したくなる意地悪な天敵への、自身の認め難い恋心ですら、歯をくいしばって涙目になりながら、目を逸らさず真っ向から認めますか。
いやあ、普通こういう場合は、碓氷がついに見事に美咲を陥落させた、というべきなんでしょうが、これ少し違うよなあ。碓氷はまだ本気で必死になって落としにはかかってなかったよなあ。まだまだ今の微妙な関係でも楽しんでた風情だし。もちろん、恋敵になりそうな奴には激烈に牽制しかけて、囲みには掛かってたけど。まだ美咲本人には本格的には仕掛けていなかったはず。
だからこの場合、碓氷がおとしたんじゃなくて、美咲が自分からえいや! と陥ちたといった方が似合うかも。

うわあ、それにしても衝撃的だったなあ。一気呵成だったもんなあ。いやはや。
しかし、これで万事うまくいくのかと言えば、碓氷のプライベートもキナ臭いのが漂ってきてるし、美咲の方は柴犬がまだまだ諦めてないっぽいし、と、まだまだ波乱ありそうで。