命じて!服従フロイライン (ファミ通文庫)

【命じて! 服従フロイライン】 庄司卓/ひなたもも ファミ通文庫

Amazon



ひ、ひどい、その設定は酷いヨ。マジで梅花と健児がかわいそうだ。なんというお預け(笑
物凄くいい感じで盛り上がってたというのに、この「ショート」の設定は年頃の男女からすると、ちょっと酷だなあ。キスも難しいとなると、どうしても二人の関係も進展しきれない部分もあるだろうし。

しかし、今回の新作は庄司先生、これまでとは随分と大きく舵を切ったスタイルにしてきましたね。これまでも女の子がたくさん出てくる話は書いていたにせよ、ここまで明確にラブコメを主題とした話を書いてきたのは初めてかも。それこそ【ダンシングウィスパーズ】の昔よりだいたいの作品は目を通しているはずですけど、恋愛がメインの話は記憶がないなあ。近年の【トゥインクル★スターシップ】や【グロリアスドーン】シリーズも、なんだかんだと本筋は別のところにあるし。少なくとも、主人公、ヒロインともに相手を明確に意識している状態というのは初めてだったと思われ。
あと、これだけ主人公とヒロインが鉄板ぽいのもw
お互いもう、完璧に青信号だもんなあ。ヒロインの梅花はこの一巻でもうデレ期に移行しつつある頃だったし。健児の鈍さはそれこそ「だめだこいつ……早くなんとかしないと!」のレベルで、そんじょそこらのラブコメ主人公などとは格の違うもはや特殊能力かと言わんばかりの鉄壁の鈍さなわけですけど、こいつの場合は既に梅花に惚れてる状態だし、鈍さの理由は自己の過剰な過小評価にあるわけですから、このまま順当に言ってたらなんだかんだと素直に恋人同士になってたっぽい流れだったんですよね。

幼馴染を顎でこきつかってたヒロインが、デレてく過程。これの流れはじつに王道的展開なわけですけど、それだからこそ素晴らしかったわけで。
ツンデレ型幼馴染の一番可愛い頃って、だいたいこの辺なんですよねえ。目立たず地味だった幼馴染が、ふとしたきっかけで有象無象の女の子にキャーキャー言われる存在になってしまって、焦って怒って拗ねてキレて、そんな自分がどうやら嫉妬していることに気づいて愕然として、驚きあわてて悩んで焦って、自分の苦悩の意味にまったく気が付いていないバカちんの幼馴染の鈍さにブチ切れて(笑
いやあ、わかりやすい娘だなあ。
まー、こっから一気にデレてってやたらと可愛いことになっていくんですけど。でも、ある程度このあたりまで二人の関係、進展していなかったらそのあとの展開で二人が置かれる状況での二人の感情の置き場所が非常に難しいことになってたんでしょうね。梅花が置かれた境遇って、健児に心身せんぶ預ける気持ちがないと、とても耐えられるものじゃなかったでしょうし。
っつーか、このあたりの梅花の激白の内容って、凄まじいっすよね。よく見ると、プロポーズどころじゃないですし。そりゃあ、気分も盛り上がりますって。
あの酷い設定がなかったら、ぜったい行くところまで行ってたよなあ、これ。返す返すも残念(ぉ
もしかしたら、梅花としたら「ショート」さえなかったら、このままでもOKみたいな気持ちだったのかもしれないっすね。悲劇ではあるけれども、一生彼を繋ぎとめておけたわけですし。でも、「ショート」を無くさない限りは、えっちいことなんにもできないわけですから、こりゃあ本気でなんとかしないと(笑

さり気なく気になるのが、誰が欄干を壊した犯人か、というところ。
教団でも先生でもなかった以上、まず間違いなく他の登場人物の中の誰かのはずなんですよね。まさか、未だ登場していない新キャラが犯人、なんてことはないだろうし。
うーん、露骨に怪しいのは白弓さんあたりなんですけどね、逆に言うとあの薄ら寒い奥に押し込めるような恋の怨念っぽい空恐ろしい雰囲気は、怪しすぎて違うような。
自分の本命は、むしろあっち。友香の方だったりする。さすがに冴っちはないと信じたい。


うーん、しかし相変わらず庄司さんの作品は、なんでかしらんけど毎回めちゃくちゃフィーリングが合うんですよねえ。ツボに嵌まるというか、琴線を掻き鳴らしてくれるというか。とても万人にとっての傑作というタイプじゃないんですけど、自分個人にとっては滅茶苦茶好きというか、まさに俺のために書いてくれてるんじゃないかと思ってしまうような、このフィット感(笑
ヤマモトヨーコの頃はそんなことなかったのになあ。