つぐもも 2 (2) (アクションコミックス)

【つぐもも 2】 浜田よしかづ アクションコミックス

Amazon


い、いかん。なにちっちゃくなってんですかー、こらーー!w
とりあえず、ロリコンでないのを主張しておこう。いや、マジで。桐葉さんはロリバージョンより少女バージョンの方が好みです。熟女バージョンもよろしくないなあ。一緒にお風呂は同世代だからエロいのですよ、真理的にw

と、力説するのはまた今度にしておいて、第二巻は土地神様。菊理媛神との大バトル!
改めて思ったけど、この作者、ド派手なアクション、映えるわぁ。この瞬間瞬間を切りぬいたようなスピード感が尋常じゃない。それでいて、溜めのシーンも際立ってるんですよね。動静のメリハリが凄く上手い。さらに、大技のスケール、迫力が半端ない。一目見て、これはとんでもねー! と度肝を抜かれる構図。
んで、なによりも好みだなあ、と気に入ってるのが、戦ってるときの桐葉さんの表情だったりするんですよね。ものすげえ好き。
うん、やはり面白い。実に見応えがある。

桐葉さんが母親の形見だったという経緯の真相、なるほどそういうことだったのね。ちょっと桐葉さんの立ち位置がというか、一也を見る目、接し方がこの手のヒロインの範疇からは微妙にずれてる気がしていたんだけど、なるほどなるほど、正しく母からの形見だったわけか。
その意味では、桐葉さんとしては今回の結果は自分が託された想いを果たし切れなかった悔しさと、一也の成長を実感できた嬉しさで、複雑なところだねえ。母・奏歌としては、一也だけじゃなくて桐葉のことも大事だったみたいだから、この形は思い通りだったのかもしれないけど。

それにしても、菊理媛の現状は世知辛いねえ(笑
なにこのホームレス中学生ならぬホームレス神様はw
ものすごい自業自得ではあるんだけど、ここまで零落れると同情しか湧いてこねー。御飯が食べられる草って。た、食べられる草って具体的になんだよ? 神様なのに。神様なのにw
まあ頑張れ。


うーん、なにはともあれ、桐葉さんは早く元の姿に戻らないかなあ。