はかなき世界に、最期の歌を―宵月閑話 (トクマ・ノベルズEdge)

【宵月閑話 はかなき世界に、最期の歌を】 佐々原史緒/toi8 トクマ・ノベルズEdge

Amazon


おお、珍しい! 小野篁の末裔が出てくるとは。阿倍清明なんかはそれこそ無数にあるわけですけど、同じ中世の幽冥の世界に足を踏み入れている人物であるにも関わらず、小野篁なんか無名も無名。小野篁が関わるライトノベルなんて、自分、【札屋一蓮】シリーズしか見たことないです。
まあ、清明や役小角なんて人たちは本職の魔術師ですし、その阿倍さんなんてその子子孫孫に至るまできっちり陰陽師を生業としてきたのに比べて、小野篁は歴としたお公家さん、しかも結構な要職についてた偉いさんらしいし、地獄に生きたまま出入りして閻魔大王の側近やってたというエピソードの他には、特に妖しい術を使ってた、という人でもないですしね。その子孫も普通にお公家さんですし。
その意味では、扱い難いのかな。

この小野篁の子孫を名乗る小野閑さんが酷い(笑
初対面の主人公に「ニートと引きこもりとヒモを全部合わせたダメさ」と称されるくらいに酷いw
元々華族で有数の資産家だった小野家の財産はすでに喰い潰されてろくに残ってないみたいだし。一応、元臣下の人たちの支援があるんだろうけど、使用人の仁希が主人公・麻里の依頼に、ちゃんとお礼するからの一言で眼の色変えるくらいだから、現状でもよっぽどお金ないだろうはずなのに、どうやって暮らしてるんだ、この人。まさか、デパ地下お菓子売り場の無料試供品食べ歩きだけで栄養補給しているわけでもあるまいに。

話は、祖母の異様な死にざまを目撃し、その死に不信を抱いた主人公麻里が、クラスメイトの仁希を通じて小野篁の子孫という小野閑に祖母の死の真相を調査してくれるように頼む事から始まる伝奇ホラー、ということなんだけど……閑・仁希・岡部の小野一家のやり取り掛けあいが面白すぎて、あんまり怖い雰囲気にはならなかったなあ(苦笑

閑いわく、頭の中身が明治時代の少女、仁希ちゃんが愛いの何の。元々小野家の家令の家系の出身ながら、両親を幼いころに事故で失い、閑のもとに引き取られ、養われている……というか、放っておくとそのままのたれ死んでしまいそうな閑の身の回りの世話をして、逆に養っている始末。それでいて、閑を崇め敬い、主君として絶対の忠誠を誓っているわけです。いやなんでこんなのにそこまで……と、周りのみんなは思ってるんですけどねえw
閑以外の人間に対しては人を人とも思わない辛辣な性格なのですが。同じ使用人の家系の出身である岡部さんに対しては、目上の人に対してとは思えないような酷い態度だったりしますし。でも、依頼を通じて親しくなった麻里を心配して、閑に手助けを頼みこんだり、と本質的には優しくて情に厚い少女というのがよく伝わってくるので、可愛いんですよね。
閑に対しても結構、仕事するように宥めすかし餌で釣ったり、と甘やかしてばっかりではないところがあって、伊達に独りで貧乏生活やりくりしているわけじゃないしたたかなところもあるようで。

その仁希が慕う閑ですけど、暢気で人畜無害のぐーたら男、という様相とは裏腹に……かなり怖い人ですよね、この人。黒いだのという次元でなく、どこか人の心を持たないまま人間の皮を被って人間のふりをしている怪物じみたところがある。岡部が、自分の娘が仁希のようにこの男の傍に仕えてたら、気が狂いそうになるだろうな、という心証をこぼしているのが、なんとなくわかるんですよね、その感覚。その気になれば一口で人間など頭から丸のみ出来てしまうだろう怪物の目の前で、子供を遊ばせているようなもんだもんなあ。しかも、怪物当人が、将来的には喰っちゃうよ(性的にだけど)と宣言してるもんだから、なおさらにw
ただ、閑が仁希を心底可愛がってるのは間違いなさそうなんですよね。彼女のお願いはなんだかんだと聞いてあげてるし、甘いんですよね、仁希には。
ただ、この怪物じみた男に愛でられるのがはたして幸せなことなのか。今でこそ無邪気に身の回りの世話をしていられるけど、お手つきになったらなんか淫蕩なあり様になりそうで、色々な意味でドキドキw


と、奇妙でおかしな小野一家の事はいいとして、肝心の本編部分もなかなか予期せぬ流れで、読み応えがありました。祖母がなぜ、あんな凄惨な死にざまを晒すことになったのか。過去から現在に繋がる祖母が胸の奥に秘め続けた想い。それが発芽してしまうきっかけになった出来事。
ただそれだけのことで。何も知らない人なら、唖然としてしまうような些細な、だけれど、すべての推移を見つめれば、それが破綻の原因とはっきりと知れる決定的な壊れゆく思いには、胸を打つものが。
そんな中で、麻里が真相に苦しみのたうちながら、さいごまで目をそらさずに祖母の遺した想いに追いすがっていったのは、最後の救いだったんだよなあ。誰にも知られずあの想いが消えて行ってしまうのは、あまりに救いがなかっただろうから。
傷つきながら、のたうちまわりながら、最後まで逃げなかった麻里は偉かったと思う。それこそ、他人に関心のない仁希がなんだかんだと気にかけてしまったのも無理ないよなあ。

うん、一巻完結としては非常に完成度が高くて面白かった。特に小野一家の掛け合いは楽しくて仕方なかったので、もう一度読みたいところですねえ。続編希望。