ミスマルカ興国物語 IV (角川スニーカー文庫)

【ミスマルカ興国物語 4】 林トモアキ/ともぞ スニーカー文庫

Amazon



なんて複雑怪奇な狐と狸の化かし合い。残念ながら、というべきか、投身ギャンブラー、マヒロ王子は今回はほぼ完全に手玉にとられてしまった、というところですか。父親であるミスマルカ国王に対してもそうなんですが、本物の海千山千の政治家に対してはどうしても一手後れを取ってしまうところがあるなあ。相手が悪かった、とも言えるんだけど、彼の立場はすでにミスマルカ一国だけでなく中原諸国全体を背負うものであるだけに、まだまだ若いな、では済まないんですよね。
マヒロが珍しく入れ込んでいるように見えたのは、彼の思う理想と共感できるものをゼピルム共和国の重鎮たちが持ち合わせていて、それをかなえうる場所にまで来ている、というところにあったように思う。自分と同じような思想を持っている人がいる、現実にそれを叶えようとしている、というのを目の当たりにしたら、興奮するのも否めないのだろうけど。
事実、マヒロとゼピルム大統領はよく似てるように見えるんですよね。理想の方向性といい、理想の高さといい、理想に比して自分を含めた人間に対して愛が欠けているようなスタンスといい。
ただマヒロと彼の大きな違いは、自分の理想を現実のものとして叶えるために、その自分の理想をも踏みにじることすら厭わない覚悟があるかどうか。本末転倒にも思えるけど、この大統領のスタンスってのは最終的な結果さえ伴えば、途中がどうなろうと構わない、というものと言えるのかもしれない。マヒロは、その理想を叶える姿勢の冷たさに対して、妙に潔癖な部分があるんですよね。その分、どうしても大統領やセリアに後れを取ってしまった感がある。彼の行動原理の根幹に、もしトラウマや負の感情があるのだとしたら、この潔癖な部分はなかなか捨てられないだろうしなあ。だとしたら、今の熱意でなく敵意や自傷的なやり方で理想を追い求めるようなやり方のままだと、なかなかあの妖怪たちを手玉に取るのは難しいぞ、どうするんだろう。

しかし、かつて魔人たちの組織であったゼピルムが、民主主義を掲げる共和国となり、魔人たちの国家グランマーセナル帝国と敵対的な立場にある、っていうのはまた不思議なことになってるんですねえ。
いったいなにがどうなってこうなったんだろう。
と、恐らくは初めてかしら。【お・り・が・み】からそのままの形で登場したキャラクターって。というわけで、「お憑れさまですーっ」の【先読みの魔女】セリアーナが、ゼピルム共和国国防大臣として登場。
あのちっちゃな子狐だった娘が、まーたおっそろしい大妖怪になっちまってまあ。昔は3本しかなかった尻尾が、今や8本――1本はかつて自分で切り取ってるから、今のセリアはまさに成熟しきった金毛九尾の大妖狐なんですよね。その力はもとより、何重にも意を伏した底の見えない権謀術数の手腕たるや空恐ろしいくらいで、ある意味頭の方は単純なのが多かったかつてのアウター、円卓たちよりもこれ、恐ろしい存在になっちゃったんじゃないでしょうか。
初代聖魔王とも面識のある彼女が、今の世界に何を想い、何を願い、何を求めているのか。その真意が見えない今、彼女の存在そのものがこの物語の大きな影となって横たわってるように見えるが、さて。


Zとカブトだと、なぜかカブトの方が新しい世代の気がする仮面ライダー世代。こうなったら、次はガールの登場を期待するべきなのだろうか。