EX! 8 (GA文庫)

【EX! 8】 織田兄第/うき GA文庫

Amazon


よしっ、よしよしよし! まさかまさかの十季子先輩のターンきた!!
もうずっと<私は夜の月見草オーラ>を発しまくり、報われないヒロイン街道をハンドルロック状態で突っ走っていたかに思えた十季子先輩に、まさかここに至って巻き返しがくるとは。何気に十季子先輩が一番お気に入りだった身としては、これはかなり嬉しい展開。
このシリーズ、もう最初の方から一哉には多奈内由良とのフラグが立ってしまっているような状態で、なかなか割って入れない雰囲気だったんですよね。ただ、あくまで雰囲気。由良本人は一哉に淡い想いを寄せつつも、あんまり積極的に何かしようというわけじゃなくて、どこかグズグズグズグズした印象ばっかりで、この規定路線みたいな雰囲気には少々不満があったんですよね。
彼女に比べると、十季子先輩なんかもう、健気なくらいに一哉に尽くしちゃってるわけですよ。頼られる先輩として見本となるように一哉を指導しつつも、本人めちゃくちゃ強い癖に、常に一哉を立てるようにしてるし、時に前に立って彼の楯になり、時に彼の脇に寄り添い彼が前だけを見ていられるように支え、時に彼の後ろに立って彼が全力を尽くせるようにサポートする。もう一哉のため一哉のため一哉のため、と一途なくらいに尽くしまくってるわけですよ。
元々蜂を原型に持つ改造人間。すなわち女王蜂の気質を持つ典型的なお嬢様キャラである峰音十季子がこの塩梅ですから、その破壊力たるや凄まじいことに。それに、一哉に想いを寄せるようになってからの、恋心を自覚したあとの日常パートにおける乙女な反応が可愛いのなんの。
特に、今回なんかずっと峰音十季子のターンだっただけに、デレシーンの強烈さはドえらい事に。
ただ、これまでは由良に遠慮してか、ずっと先輩という立場に徹しようとしていた節があるんですよね。敢えて、割って入ろうとせず自分の中に芽生えた恋心に蓋をしようとしていた。
ところが、ここに至って、ついについに、十季子先輩が本気モードに。完全戦闘態勢に。積極攻勢という、予想だにしない決心を固めることに。
ストーリー展開的にも、これはかませ役じゃすまないことになってきましたし、まさかまさかの由良をねじ伏せてのメインヒロイン奪取も、これはあり得なくなくなってきたんじゃないでしょうか。少々これは、興奮してきましたよ。

もうひとつ楽しみなのは、復活なったシスターヘラとミスラとの母ちゃん対決だったりして。この二人、昔は仲が悪かったのか良かったのか。
表向き反発しあってても、意外と意気は通じ合ってたり、とかだったらいいんだけどw