ほうかご百物語〈5〉 (電撃文庫)

【ほうかご百物語 5】 峰守ひろかず/京極しん 電撃文庫

Amazon


見返りを求めない愛、というと耳心地がいいけれど、実際見返りを求められずに一方的に愛を捧げられ続けるというのは、同じくらい愛情を返してあげたい人にとっては、心苦しい事この上ないんじゃないだろうか。
なんて、最近のイタチさんのもどかしそうな様子を見ていて思ったり。
真一のイタチさんへの愛情って、もはや崇拝の領域までいっちゃってるんだよなあ。最近のイタチさん、照れてるだけじゃなく真一の愛情に応えたい、という素振りを見せ出して、何とか距離を縮めようとしている感じがするんだけど、はっきり言ってどうしたらいいか分からなくて困ってるんじゃないですか、イタチさん(苦笑
その意味では、真一も女心を分かってないよなあ。イタチさんとしてはキャッチボールをして欲しいのに、こいつと来たらボールを投げるばっかりで相手からのボールを受け取ろうという意識がまるでない上に、現状でほぼ満足しちゃってるから、イタチさんは右往左往するばかり。
本来、言うべきことはきっちりしっかり直言する性格のイタチさんが、真一に対しては上手く言いたいことが言えないのは、照れてるばかりじゃなくて、明らかに真一が悪いと思うんだけどなあ。これって、場合によっては拒絶にもつながっちゃうよ?
まさかこの作品で真剣に恋愛方面で心理の奥深くまで突っ込んでいくような展開があるとは思わないけど、そうなったらそうなったで相思相愛にも関わらずこじれていく恋愛劇、というのが見れて面白そうなんだが(笑

しかし、このシリーズもこの五巻読んで思ったんだけど……いや、これってこんなに面白かったっけ? と少々吃驚してしまったのよね。こなれてきたのか、キャラクターの動かし方が分かっちゃったのか。なんいせよ、前はもうちょっとペラペラの薄っぺらい感じが作品全体から漂ってて、軽く読み流しして十分、みたいなところがあったんだけど、なんかここにきてずっしり中身が詰まっていた感じがするんですよね。歯ごたえが出てきた、というか、厚みが出てきたというか。
新キャラも出てきてすぐに存在感出しているし、再登場のキャラもすぐに場に馴染んで動き回るし。レギュラー陣には貫禄すら出てきたし。
殻を割ってガラッと化けた、というような劇的な変化や進化じゃないんだけど、着実堅実に実力をつけてきていたのに、ふと気づいた、という感覚か。

とはいえ、土台は堅牢になってきたとはいえ、お話的には特に進展があったわけでもないし、そろそろ何か大きな動きがあっても、と思わないでもないけど、このままゆるゆると放課後ライフを描いてくれても、これはこれで楽しめるかもしれないなあ、とこの五巻を読んだら、思っちゃうよなあ。
まあなんにせよ、楽しめましたっと。