SH@PPLE(6)  ―しゃっぷる― (富士見ファンタジア文庫)

【SH@PPLE ―しゃっぷる― 6】 竹岡葉月/よう太 富士見ファンタジア文庫

Amazon


あはは……待て。ちょっと待ってくれ。本気で訳がわからんくなってきた。
胡蝶の宮に雪国のフリをして恋人役を演じてくれと懇願されてしまった舞姫に変装した雪国。自分が誰だかわからなくなってまいりました、などと暢気に仰られていますけど、読んでるこっちもそろそろ混乱が激しくなってまいりましたよ。
当初は良かったんですよ。雪国は舞姫の格好をして女子高に、舞姫は雪国の変装をして共学校に。しばらくの間は入れ替わったまま固定で話が進んでいたから、混乱せずに済んでいたのですが、途中から一冊の中でも頻繁に雪国と舞姫が入れ替わったり元に戻ったりを繰り返すようになったので、訳が分からなくなってきたんですよね。
蜜にしても、胡蝶の宮にしても、加えて烏子にしても、果たして舞姫に変装した雪国が好きなのか、雪国に変装した舞姫を好きになってしまったのか、はたまた雪国本人が好きなのか、舞姫本人が好きなのか。
その辺の境界が不明瞭になってきてしまって、いったいどうなってるの!? という状態になってきてるんですよね。
これって、彼女たちにしたら、ひどい話だと思うんだけどなあ。前々から思ってたことだけど、雪国はこれ、相当罪作りなことしてると思うんですけどねえ。彼がちゃんと自分の好きな人と向き合おうとしなかったことで、彼女たちは気付いていないにしろ、自分の恋心が誰に向いているかもわからなくなっている上に、その相手と相対すら出来ていないわけですから。

と、雪国の不甲斐なさにやきもきする一方で、舞姫の方はわりと明瞭なんですよね。なんで本人が自分の恋心も自覚していない彼女の方が明快なのかはほんとに不思議なんですが、部長はヘコたれてないで、もっと頑張って押すがよいですよ。絶対脈あるから。

で、肝心のヒロインズの恋模様なんですが……状況だけ鑑みると、メインヒロインの蜜の動きがあまりにも鈍すぎて、ほとんど胡蝶の宮が全部持ってっちゃってる状態なんですよね。これ、本気でヒロイン交代しても仕方無いくらいに。もし雪国が蜜にお熱じゃなかったら、簡単にひっくり返っちゃってますよ。
ただ、蜜の方も地味にですけど、鳥子と交友が生まれる事で面白い事になりそうな気配が。考えてみると蜜って、周りにちゃんとした理解者って殆ど皆無と言っていいほどいなかったんですよね。その貴重な例外が舞姫に化けた雪国だったわけですけど、このおバカは蜜に夢中なくせにその心底にまで踏み込むような勇気ある一歩は踏み出せずにいるせいで、蜜は相変わらず孤立しがちだったわけで。だいたいあの側用人の清野さん、あの人からしてお嬢様のことまるっきり理解してない在り様なんだもんなあ。あの人、悪意こそないけど、ぶっちゃけ酷いです。
そんな中、事故気味に鳥子に本音をぶちまけてしまい、なんだか本音で言い合えるような関係が生まれかけているような気配。まあ、この場合、割りを食うのは鳥子の方なんだろうけど。