命じて!服従フロイライン2 (ファミ通文庫)

【命じて! 服従フロイライン 2】 庄司卓/ひなたもも ファミ通文庫

Amazon


梅花の魄型化。これは思っていたよりも、随分日常生活に支障があるんだな。最初の命令である、普段通りの梅花に戻れ。この命令でよっぽどの事がない限り、停止状態には陥らないのかと思ってたけど、なにか普段と違う出来事に遭遇すると、すぐに命令待機状態に移行してしまいかねないので、日常生活においても気を抜けないし。
てっきり、不可抗力的に変な命令を下してしまって、梅花が怒ったり照れたり、というわりと気楽なラブコメ展開が待っているのかと思ってたけど、これは予想以上に深刻な状態。
なのだけど、梅花は意外と平気というか、現状に対してそれほど不安を抱いている様子もないんですよね。他人から命令を受けないとまともに生きていけない状態って、かなりのストレスになるだろうし、神経質になって参りそうなものなのだけれど、そうなってないあたりに、梅花の健児に対する全幅の信頼を抱いているのがよくわかる。どころか、命令される事自体には全然拒絶感もないし、何かあるとすぐに停止状態に陥ってしまってる状態に対しても、はっきりと健児には言わないものの、ずっと傍にいてくれて、命令してくれればいいじゃない、とまですら思ってるわけで。
うはっ、もうこれめちゃくちゃ頼り切ってるじゃない。さすがはデレ期に片足突っ込んでたツンレデ幼馴染。表層的には偉そうな幼馴染のまま、潜在的にはハンパないレベルで自分の何もかもを預けちゃって、安心してる梅花の在り方に、なんかもうニヤニヤしっぱなし。
あの命令に対し、「Ablehnung.」、だもんねえw
ストーリー自体は糸編の君の登場でラブコメ展開に拍車がかかり、梅花の登場頻度自体、新キャラの登場分減ってはいるわけですけど、この二人の鉄板振りは、ちょっと揺るぎようがないかなあ。ハッキリ言って、健児は梅花以外、眼中に入れてなさそうだし。