えむえむっ! 2 (MFコミックス アライブシリーズ)

【えむえむっ! 2】 氷樹一世 MFコミックスアライブシリーズ

Amazon
 bk1

ああ、そうだった。原作だと随分と昔の話になるから忘れがちになっていたけど、嵐子が男性恐怖症になった原因ってホントにひどいもんだったんだよなあ。
今となっては登場人物の変態性を殆どギャグとして処理するようになってしまった原作だけど、この頃はおのおのが自分たちに備わってしまった体質に苦しみもがき、切実に治したいと願いながら、お互いに手を取り合って必死に助け合うお話だったんだよなあ。
こうして見ると、タローのイケメンぶりが際立ってる。この男、本当にドM体質だという以外は完ぺきに近い気持ちのいい男なんですよね。
決死の想いで自分の女装癖を告白してきた親友を受け入れ、男性恐怖症に日々の日常生活にすら支障をきたして苦しむ嵐子に手を差し伸べ、その助けになろうと真摯に接する。それは、自分が生まれてこの方、ドM体質に苦しんできた経験があるこそ、その苦しみに少しでも共感できるからなのかもしれないけれど、気遣いの仕方とはほんと、カッコいいんですよ。
それも、腫れものに触れるような変な気遣いの仕方ではなく、慎重に誠実に、でも臆病にならず踏み込む事に躊躇わず。
当初、タローの存在を遠ざけよう、少なくとも積極的に関わるまいとしていた嵐子が、タローの存在を受け入れ、徐々にその距離が縮まっていくのだけれど、その過程の描き方がとにかく素晴らしい。
原作でもここまで丁寧だったっけか。
漫画化にあたって、嵐子の可愛さが尋常ではなくなっている。ほんと、めちゃくちゃかわいい。
段々とタローに心開いていく描写なんか、際立ってる。そして、タローにひかれていく姿も。
なるほど、嵐子ってこんな風にタローに恋をしていったんだ。いや、こうして漫画として描かれると、彼女の心がどう流れていったか、とても明瞭に分かる、というよりもそれだけ嵐子の気持ちを瑞々しく描いた氷樹さんを手放しで褒め称えたいところだ。一巻の時はそれほど思わなかったけど、これは素晴らしい大成功したコミカライズと言って間違いないと思う。
その描写力が際立っているだけに、唐突にかつて自分を男性恐怖症にしたトラウマの根源に襲われた嵐子の恐怖と心の痛みはあまりに痛々しく、それを目の当たりにしたタローの、雄々しいまでの怒りの姿に盛り上がる。
いやあ、ここで切るか、とすら思ってしまった。
繰り返すけど、これは本当に素晴らしいコミカライズ。