蒼穹のカルマ3 (富士見ファンタジア文庫)

【蒼穹のカルマ 3】 橘公司/森沢晴行 富士見ファンタジア文庫

Amazon
 bk1

おおおっ、面白い面白い!! 二巻で案の定というべきか、一巻の描き方の二番煎じで一気にグダグダになってしまってて、こりゃあダメかと思ったんですが、どうしてどうして、ここでまた一気に取り戻してきたじゃないですか。というか、なんで早々に二巻でこれをやらんのか。
一巻の突拍子もない展開の中でさらりと散りばめられていた伏線の数々がこの三巻で畳みかけるように拾われていくのを見て、感嘆しながらもあの二巻はなんだったのかと改めて首を傾げたくなる。二巻って槇奈の登場以外、物語上なんの意味もないように見えるんだよなあ。松永は消えろ。真剣に消えてしまえ。
男分は三谷原のアニキがいれば十分です、はい。三巻で既にアレは扱い兼ねている様子もあるし、二巻で消しておけばよかったのに。

元々、一巻でエアや騎士団にまつわる世界観の構成など、非常にしっかりした骨格をしているので、それらを物語の中核に据えたまっとうなファンタジーとしても成り立つだけのシステムは用意されていたので、あとはこの<なんでもあり>という独特の特性を持ったこの作品をどう制御しながら進めていくか、が注目点だったのですが、その意味ではこの三巻は見事に油断したらあっちこっちにスッ飛んでいきそうな暴れ馬を、上手い事一所の進行方向めがけて収束することに成功してるんですよね。魔人という、本来ありえねー反則物件だったものを上手い事物語の重要な要素の中に取り込んでいたのもその一例。まだ外周をウロウロしているだけの、あの双子の神様も案外この先、無視できない要素になってくるのかもしれない。エアというまだ謎に包まれた敵対生物に、ああいう衝撃の真実が備わっているのなら、まだまだこの世界観そのものに構造的な秘密が隠されていそうだし、あの神様たちなんかもろにそこに関わっていそう。特に、在沙関連で直撃してきそうな予感がするんですよね。
まだ、完膚なきまでに無関係な異世界組は、まさかまさかの関わり方をしてきて、強引にだけど首突っ込んできた感じ。一つ間違えれば、首挟まれて死にそうだけど、そこはある意味、槇奈のキャラクターのパワーの見せどころか。
まさか、カルマの兄貴の死と在沙にここまでダイナミックな秘密が隠されているとはさすがに思いもよらなかったので、カルマが一人色ぼけている以外は、何気に物語はかなり深刻かつシリアスに進行してるんですよね。
ある意味、カルマの一貫した在沙・命!!の行動はそれを無茶苦茶にひっかきまわしてくれてるわけですが。ラストの飛びっきり仰天ものの行動選択を含めて。でも、まさしくそれこそがこの【蒼穹のカルマ】という作品の先の予想もつかないデタラメさのけん引力にもなっているので、彼女に大人しくしろ、という方が大いに間違っているんでしょう。むしろ、徹底してやりたまえ、かしらw

一巻感想