ハニカム 3 (電撃コミックス)

【ハニカム 3】 桂明日香  電撃コミックス

Amazon
  bk1


萌さんが、萌さんがとんでもなくはるか遠くの世界に行ってしまわれた……。それこそ糸の切れた風船のように。アンカーの切れたボートのように。
さようなら、さようなら。

いったいどうしてこうなったんだ、と問い詰めたくなるような惨状にもう苦笑しか浮かばない。は、ハニカム内では米斗と舞さんが面白がってるからいいとして、日常生活でもあれだと少々交友関係とか心配な域に達してしまっている気もするんですが……。
萌さんはちょっと大穴が過ぎるよなあ。確かに御手洗くんはまだけっこう気にしているのですが。
やっぱり本命はどう考えても守時規子なんですよね。みんなを弄って楽しんでいる米斗と舞の二人をして、バランスが取れすぎててちょっかい出す隙がねえ、と言わしめるほどの関係にすでになってしまっているし。
とはいえ、二人のフォローもあってか、二巻時の守時インパクトからの劣勢より、鐘成さんもかなり盛り返しては来てるんですよね。不器用なツンデレかましている状況ではなくなった、というのもあるんでしょうけど、以前のやたら反射的に本心と裏腹の行動をとってしまう傾向もかなり鳴りを潜め、けっこう素直に自分の思ったとおりの行動を取れるようになってきてるんですよね。それに比例して御手洗くん、彼女に敬語使わなくなってきたし。あれで結構扱い難しいなと思ってた節もあったんだけれど、最近はわりと屈託なく接してきて、彼女の貧乏な境遇にも遠慮がなくなってきたし、雰囲気は確かによくなってきてるんですよね。
とはいえ、守時さんのほうも後退したどころか、こちらはこちらで守時さんが完全に御手洗くんの事を意識しだして、もうスキンシップも恋人みたいなものになってきてるし。鐘成さんが冒頭に、自分もうあきらめた方がいいんじゃないか? と真剣に落ち込むほど距離感縮まってしまってるもんなあ。
ということで、御手洗くんの自覚ないところで段々ときわまってきた三角関係ですが、実のところこのハニカムで現状一番注目すべき恋愛模様って、本人たち傍観者のつもりでいる米斗と舞の二人の大人の微妙な関係なんですよね。
この、程よい緊張感に包まれた、つやっぽい恋の駆け引きも、米斗さんの家庭の事情もあるんでしょうが、なんか米斗さんの箍が外れかかってきていて、一定を保ってきた二人の距離感もついに感覚を維持しきれなくなってきた感じ。舞さんも、踏み込んでくる米斗さんに対して戸惑いながらも、逃げようとはしないんですよね。彼女から踏み込むことはないものの、その場から一歩も動こうとはしないわけで。
ただ、ここでハニカムの人間関係にこうした形で時限爆弾が仕掛けられるとは。湧水に迫られたときの舞の顔を見てる限り、この爆弾って爆発した途端、現状を維持できないほどの威力となって炸裂するのはまず間違いないわけで、怖いは怖いんだけど、いつ使われるかという意味でもスリル満天だわ。御手洗くんがどういう反応を示すのかというのも興味深いし。

1巻 2巻感想