六畳間の侵略者!?3 (HJ文庫)

【六畳間の侵略者!? 3】 健速/ポコ HJ文庫

Amazon
 bk1

この主人公はあれだなあ……非常に良く出来た人間なんですが、出来すぎている分、俗っぽさが薄いというか年頃の男の子らしい欲とか邪まさが乏しいというか、実はどこぞの寺で住職でもしてるんじゃないかというような雰囲気があるんですよね。周りが女の子ばかりなのに、まるで異性を意識している風情が見えない。二巻の体育祭を通じて、皆との仲が良くなってきた分、その辺が顕著に見えるようになってきた。
ある意味、とてもギャルゲーの主人公らしいといえばらしいんですよね。現状がいわゆる「共通ルート」上にあると考えれば。ある種の主人公には、共通ルート上にいる間はヒロインに対して完璧なほど友情を構築するのに徹して、個別ルートに入るまで異性として認識しないというタイプのがいるんですが、こいつはまさにそんな感じ。
考えてみると、これほどギャルゲの形式を踏襲している気配を感じる作品も意外と珍しい。現役シナリオライターでライトノベルを出している人は何人もいますけど、こんな風に読んでてギャルゲーをプレイしているみたい、と感じさせられるものはなかったように思うし。
まー、そう感じているのは自分だけかもしれないけど。
肝心のヒロインたちも、仲は良くなってるけど恋愛フラグに関しては笑っちゃうほど立ってないし。早苗なんかはだいぶ意識している風に前の巻なんかは感じたけど、今回の顛末を読んでいると単に孝太郎に懐いてて、他の子らと仲良くなる事で阻害されるんじゃないかと危機感を抱いていただけみたいで、恋愛云々はなさそうだしなあ。ティアもその辺は同レベル。ゆりかに至っては未だに変人扱いされてるし。
結局、本命は晴海先輩になるのかなあ。その割りに、今回は話自体に参加してこなかったし。明確に孝太郎に恋愛感情を抱いている唯一の女性だったのに、六畳間の一員でないという一点で他のメンバーに比べて一歩遅れた位置にいるんですよね。孝太郎本人も彼女に対して先輩として敬意を払ってるけど、対応が丁寧で非常に気遣って接している分、なんかちょっと距離感ある感じだもんなあ。
その意味では、前々からその素振りを見せてて、今回ガリガリと食い込んできたルースさんが台風の目になりそうじゃないですか。この人、ティアのおつきで最初は完全にサブヒロイン的な扱いだったくせに、メインヒロイン衆全部ごぼう抜きしやがった(笑
元々六畳間メンバー唯一の良識人で孝太郎の好感度高かったのをイイことに、一人でラブコメモード入ってるし。何気に孝太郎をドキドキさせている唯一と言っていい人だし。
まー、とはいえ水着の一件を見る限り、まだまだまるで相手にして貰ってないみたいですけど。孝太郎の朴念仁ぶりはひどいな、ホント。好意に気づかない云々以前に、恋愛そのものに感心も興味もないって感じだもんなあ。
実のところ、真の本命メインヒロインはキリハさんだと睨んでるんですけどね、私。スペックに対してこの人の動静が静か過ぎるんですよね。もっと積極果敢に動いてもよさそうなのに、ひたすら影で牙を研いでいる感じ。動き出しさえすれば、ラブコメの鉄則からして主人公との絡みが増えて、関係が深まっていくのが常なんだけど。キリハさんの幼いころの思い出とか、あからさまに主人公との幼馴染フラグだしw
それはそれとして……
そろそろゆりかが本格的に可哀想になってきたんですが(苦笑
本人の負け犬気質が原因と言えば原因なんですが、彼女も頑張ろうとしているわけだし、そろそろ決め付けと無理解で彼女を否定するのはやめて欲しいなあ。いい加減、弄られてるというよりも苛められてるみたいになってきてるし。

1巻 2巻感想