迷い猫オーバーラン!〈7〉拾ったらいいじゃないですか! (集英社スーパーダッシュ文庫)

【迷い猫オーバーラン! 7.拾ったらいいじゃないですか!】 松智洋/ぺこ スーパーダッシュ文庫

Amazon
  bk1

アニメ化に漫画化かー。内容的には構成の堅実さや妙味の部分は小説特有の特徴であって、他の媒体で作用するものではないから、見るべき部分は概略だけど、その点はオーソドックスだし、これは作り手次第になりそう。

自分を好いてくれる女性にふさわしい男になりたい、というのは向上心を高く保ったイイ事なのでしょうけれど、同時に男の自己満足に過ぎないのも確かな話。そもそも自分を高めることに夢中になって、肝心の女性の方をほったらかしにしてしまっているとなれば、まったくもって本末転倒。それどころか、告白に対して明確な答えを返さないまま、女性の側を宙ぶらりんにして待たせて、自分事にかまけているのだから、女性の側としたらたまったものじゃないでしょう、これ。
作中でも文乃たちが寂しそうに呟いていますけど、彼女たちからしたら大事なのは巧の気持ち、自分たちの誰を好きなのか、であって、ふさわしいだの資格云々なんてのは心底どうでもいいはずなんですよ。もうすでに今の巧に、彼女たちは惚れているのですから。
それなのに、巧は自分たちに構ってくれず、新たに現れた迷い猫のお世話に夢中。本当なら寂しい、もっと自分の方を見て、とみゃあみゃあ泣き喚きたいところを、ぐっとこらえて耐える三人が、今回はかわいそうでかわいそうで仕方ありませんでしたよ。

かわいそうといえば、新たに加わった新入部員のうちの一人、柴田くんがまた、かわいそうだったと思うのは異端でしょうか。部員はみんな、手のかかる問題児の部員の心の方にかかりっきりで、柴田くんの方はほったらかし。手のかからない優等生だからって、同じ新入部員、新しい仲間なのに、この放置プレイは可愛そうだよなあ。普通、拗ねるぞ、というか止めてしまいそうなもんだけど。紹介文には何か腹に一物あるぞ、みたいな書かれ方されてしまっていますけど、こういう扱いされてしまうと、腹に一物抱えてしまっても仕方ないような(苦笑 まあ、入部自体が何らかの目論見あって、とも考えられますけど。

そして、肝心の新ヒロイン。仮想あずにゃんこと心は、なるほど見事にこれまでのヒロインズ、文乃に千世、希の三人が抱えていた性格難を重ねて兼ね備えたキャラクター。まさしく最終兵器とも、汎用兵器ともいえるポンテンシャル(笑
でも、毎度思うんだけど、ヒロインのこうした性格の描き方って本当に猫をリアルに想起させるんですよね。迷い猫迷い猫と標榜しているのは伊達じゃなく、猫的な性格の表現はピカイチで、そんな人に慣れていない野良猫をてなづけていくかのような、頑なな心を解きほぐしていく過程の描き方は、オーソドックスだけれどソツがなく、ここまでくると練達の味わいすら感じさせる出来栄え。
でも、これ以上ヒロインはさすがにイイですよ(苦笑
出来れば、メインヒロインは文乃、希、千世の三人衆で譲らないで欲しいなあ。この三人の恋のライバルにして掛け替えのない親友同士という間柄の複雑な心理面での綱引きが、ある意味この作品の醍醐味なので。巧はこの点、恋愛パートでは全く愚鈍で見ていられないというのもあるけれど。

シリーズ感想