ラッキーチャンス!〈6〉 (電撃文庫)


【ラッキーチャンス! 6】  有沢まみず/QP:flapper 電撃文庫

Amazon
 bk1


前回、住む家をなくしてしまった雅人に対して、二ノ宮さんと天草さんが一緒に住みませんか? と提案してきてどちらを選ぶか決断を要する事態になったとき、ついにこのラブコメも一気に進展を迎えるのか!? と息を呑んだものでしたが……なるほどなあ。
言われてみればその通り。実のところこのラブコメ、まだ始まってもいなかったと言うことか。これまでハプニングやらゴタゴタが頻繁に起こっていたせいではっきりと整理されず、距離感も把握されないまま複雑に入り組んでしまった人間関係を、一度きっぱりと詳らかにした上で、まずスタートラインに立たせよう。今回の話は割り切って言ってしまうとこんな形になるんじゃないだろうか。
というわけで、今までいまいち目立たずヒロインとしては地味だった二ノ宮良子、ヒロインとして異能の側の存在として覚醒爆誕!!
これまで一巻の最初から登場したメインヒロイン級にも関わらず表紙絵に一度も選ばれなかったのは、まさに満を持してこのエピソードを待っていたがため、と思えてくるほど、かなりの強烈な個性を獲得し、これまで遅れに遅れていたヒロインとしてのレーシングポディションが、俄然上位に食い込んできましたよッってなもんですよ。。
ちゅーか、怖いよ、良子さん(w
この温厚篤実な優しい笑顔の奥底に秘めた、静謐で狂的な圧迫感と妄執は、あれだな、【いぬかみっ!】でいうならなでしこタイプ。
ヤンデレの素質充分でございますよw

今までもやもやとしたままだった雅人への気持ちを、はっきりと恋だと認識し、雅人の事が好きで好きでたまらないと自覚した二ノ宮さん。
ところが逆に、雅人の方はこれまで二ノ宮さんに抱いていたほのかな甘い気持ちが、二人きりで無人島で楽しく過ごし、これまでになく彼女の素顔に触れたことで、逆にその想いが恋ではなく憧れに近いものだと理解してしまったんですよね。
驚いたことに、今までヒロインとして劣勢だった二ノ宮さんの唯一のアドバンテージだった雅人からの好意が、彼女がヒロインとしてメキメキと頭角を現した途端に仕切りなおしとばかりに消えてしまったわけだ。
とはいえ、マイナスにひっくり返ったわけではなく、横一線に戻っただけの話。しかも、雅人は女の子に関心がないわけではなく、むしろ二ノ宮さんを含めて、自分の身の回りにいる女の子に対して、強い関心、淡い胸の高鳴りを感じているわけだ。何気に気の多い男とも言えるけど。
こうなってくると、もう一人のメインヒロインであることの天草沙代もまた、この流れで行くならば明確にこのラブコメレースに参加してくるはずなんですよね。今までどおり、雅人へのもやもやとした想いの正体から目を背けて、自分の本心と向き合わないままツンデレを続けていたら、とてもじゃないけど今後の二ノ宮さんや、トトやキチ。そしていずれ現れるだろう真打ちである幼馴染に対して、とてもじゃないけど太刀打ちできない。
あとがきでも、次回は沙代さんのターンと言ってるし、こりゃあ次回、デレるぜきっと。

の、はずなんだけど、その沙代さんがまたラストでえらいことになってるんですけどw
これ、文章をそのまま読んだら、まんま鬼畜系のエロゲー展開なんですが……ドキドキ。沙代は、なんかこう、エロくいたぶられるのが恐ろしく似合うところがあるからなあ。
……まー、この世界観からして、ある種のド変態がフェティシズムを満足させる流れなんでしょうけど。


そういえば、にゃんこ出てましたね、にゃんこ。あの【いぬかみっ!】主要メンバーの一人にして流離う風来坊にゃんこ。それから【北の神獣】と呼ばれる犬神の存在に触れられてましたけど、こりゃあ【いぬかみっ!】とのリンクも濃くなってきた。北の神獣って誰だろう。まだ若くて可愛い子、という時二郎の説明と、トトとキチがかかった初恋風邪の特性からすると、多分ともはねかな。しかし、既に現時点で神獣とすら呼ばれるくらい、力あがってるのか?