レンタル・フルムーン〈2〉第二訓 良い関係は良い距離感から (電撃文庫)

【レンタル・フルムーン 2.第二訓 良い関係は良い距離感から】 瀬那和章/すまき俊悟 電撃文庫

Amazon
 bk1

……ちょっと待て、もしかして今私は、伝説の<素直クール>が生まれるその過程を目撃してるんじゃないか!?

と、思わず動転してしまうくらい、ヒロインのツクモが後半、素直に心情を吐露している。新たなヒロイン候補の登場に伴い、ツクモと新太は些細な見栄の張り合いと行き違いによって気まずい雰囲気に陥ってしまうわけだけれど、この二人、偉いことに自分と相手、両方に悪いところがあった事をきちんと飲み込み、その上でどちらが頭を下げるというのではなく、お互いきちんと自分の本音を口に出して言い合い、二人で一緒に歩み寄る努力を行ったところなんですよね。
元々、一巻の感想で偏屈でひねくれモノに見えて、実はかなりサバサバした気持ちのいい性格なんじゃないか、とツクモの事を捉えていたのですが、どうやらその分析は間違っていなかったみたいだ。
自分の間違いや失敗は是が非でもなかったことにするツクモだけど、不思議と自分の気持ちや相手の想いは、無かったことにしようとはしないんですよね。それでも、新太が自分を放って鈴音と楽しそうにしてたり、へらへらしていたのが不愉快だった、とあんなにもはっきり言っちゃうとは思わなくて、びっくりしたなあ。
……単に、何にも考えてないのかもしれないけど、この娘。発言に、慎重さがまるでないもんなあ。思ったことをそのまま口にしてる傾向があるし。……いまさらか。

早川鈴音という魅力的なヒロインの登場で揺れに揺れる二人の関係だけれど、終わってみると彼女の存在はラブコメの多角的な男女関係の発生ではなく、ツクモと新太の関係に揺さぶりをかけ、停滞に陥りかけていた距離感を打ち崩し、再構築するためのものだったと言うことが良く分かる。やはり、この作品、ムツキと新太のカップリングは鉄板で、二人の関係が波乱を経ながらも着実に近づいていく様子を、ニヤニヤしながら見守るのを主眼としたものと見て間違いあるまい。
恋愛感情を含めて、人の気持ちというものに酷く鈍感なツクモは、どうやら自分の中に育まれつつある新太への気持ちの正体について理解が及んでおらず、どうも彼女はそもそも自分が新太を意識しているという事自体、気がついていない節があるので(とにかく深く物事を考えない性質みたいだし)、明確なデレの反応はまだ見えないのだけれど、自覚がない故の無意識の反応や仕草、言動が、時々びっくりするくらい無防備にぶっ放されてくるので、それが物凄い威力なんですよね。自分以外の女と仲良くしているのが不愉快だ、とはっきり言っちゃったり、恋人の振りをしてお互いの良いところを上げていったときの、最後の一つなんか、無防備にも程がある。そして、初めて弱音を吐くシーン。この娘の最大の魅力は、こうした破壊力満点の言動を、まったく落ち着き払った平静な態度で冷ややかに言い放てる所なんだよなあ。
この娘、絶対<素直クール>の素質あるよ!!
そして、常に平静なだけあって、稀に見せる動揺した顔がスペシャルな威力なんですよね。この巻において彼女が感情を乱したのはわずかに二箇所だけ。それも、本当に微妙な反応なんですが、これがまた…(ニヤニヤ

この作品のポイントというか、とても重要な要素となっているのが、幕間に載っているクルンの日記なんですよね。新太視点からはなかなかその心情が見えてこないツクモの内面が、日記ではクルンの目を通して見えてくるんですよね。新太の言動や二人の間で起こった出来事に対して、ツクモが自宅でどんな様子だったかクルンの日記では克明に描かれていて、無表情で無感動なツクモの喜怒哀楽が伝わってくる。ちょうど幕間で話が一区切りされ一息つく所というのも絶妙なんですよね。ああ、ツクモはあれ、怒ってたんだなあ、とか。あの新太の発言、実はめちゃくちゃ嬉しかったんだなあ、というのが後になって理解できるというのは、よいエッセンスであり、次の幕に行くにあたって地の文の主である新太の心情だけに引っ張られず、ツクモと新太、両方の関係が育まれていくのを見守るような感覚を保てるわけで。

しかし、クルンの健気さは前巻にも増して凄まじいものになってきてるなあ。いっそ、凄絶とすら言っていいかもしれない健気さ。献身と書いてクルンと読む、と辞書に記してもいいかもしれない。
もう、子猫物語ならぬ<クルン物語>として普段の彼女の生活を映像化して映画館で上映したらいいじゃない!