ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)

【ソードアート・オンライン 3.フェアリ・ダンス】 川原礫/abec 電撃文庫

Amazon
 bk1

いやあ、面白かった面白かった。読んでて痛快爽快、カタルシスも際立ってて読み終えたあとの満腹感は文句の出ようもない満足度でした。
……と、一息ついてこの高揚を感想を書きなぐって晴らしてやろうとした段で、またぞろハタと困ってしまったわけで。
なんか、書くこと思いつかないんですよね。キリトくん、つええ。とか、二刀流再び、かっけえーー! やっぱりデッド・オア・アライブだったアインクラッド編と比べると緊張感が違うなあ、という見たまんま読んだまんまの事についてはヒョロヒョロと書くことはできるんですが、そんなん箇条書きで書いてもなあ。
そこで、ふらふらとこのシリーズの自分が書いた過去の感想を見返してみたのですが、ふむふむ……やっぱり、内容について全然書いてねえ(苦笑
しかも、一巻の感想、これから書こうと思ったのとほとんど変わってないわ。という事は、一巻を読んだ段階でこのシリーズに感じたものは、新章に入っても結局変わらなかったということか。
良くも悪くも優等生なんだろうなあ。キャラクターの造形にしても人間関係にしても、ステロタイプだけど非常によくできていると言っていいと思う。話の流れだって、高いレベルで器用にまとまってて、狙いすましたように痛快無比でフラストレーションのたまる余地なく、カタルシスぶっ飛ばしてるし。なにより、面白い。ドキドキとわくわくが詰まってる。だったら、それで十分じゃないか、と言われても仕方ないんですけど。
でも、こうして振り返ってみて、改めて読み返してみると、やっぱり、物足りないんだろうなあ。
読んでても、常に予想・想像の範囲内から逸脱しないし、頭ぶん殴られるような衝撃的なモノにブチ当たる感覚が訪れる気配が絶対にないし、キャラについても掘り下げて延々と語れるところがなくて、感想書くにかけないし。
それでも、これだけメチャクチャ面白いんだから、つまるところ作者さんはエンターテインメントとは書くあるべしというのをこれ以上なく弁えている上に、物語を書くという技術そのものが素晴らしく巧いんだろう。器用にまとまっているにしても、まとまり方のレベルの高さがハンパないもんなあ。
なんか、傑作量産機みたいな作品だw
ここまで来ると、もっと弾けろとか突き抜けろ、というのも間違ってる気がするし、これはこれで。
ただ、悪役の魅力のなさだけは、もうちょっとなんとかして欲しいなあ。小物ばっかりでにんともかんとも。