とある飛空士への恋歌3 (ガガガ文庫)

【とある飛空士への恋歌 3】 犬村小六/森沢晴行 ガガガ文庫

Amazon
 bk1

だーかーらー、私、こういうのダメなんだってーっ。泣くから、もう泣いちゃうから!
もう、ボロ泣き。
あのシーンは、特に雷撃隊隊長の視点が介在しているから、余計にくるんだ。あの手の献身的な行為というのは、当人たちの必死にして決死の想いを直接的に描かれるよりも、その行為を外から、単純な事実として目の当たりにした第三者視点から受けた衝撃、感情のうねりが描かれる方が、威力がケタ違いなんですよね。読者以外にも、彼らの行為の意味するところ、その勇気や尊さ、儚さを理解してくれる存在がいるということは、もろにそのシーンに感情移入させられてしまう。
その上で、あの二人の間でこぼれ落ちていく命の時間、交わっていく想いとその結実に因る別れを魅せられた日には、たまったもんじゃないですよ。
何度読んでもあのシーンだけは、泣かされてしまう。だから弱いんだって。常時必中クリティカルヒット。

あの眩しかった夏は終りを告げ、戦争の季節が訪れる。
ずっと続くものだと思っていた日々は、砂浜に築かれた砂の城のように、もろくも血と硝煙の波に浚われ砕かれていく。
笑い合った学友たちは、戦友と呼ばれる存在となり、櫛の歯が欠けていくように次々といなくなっていく。
夢と希望が詰まった果ての無い、自由と未来によって祝福されていた空は、生命を止めどとなく飲み込んでいく死の坩堝と化してしまった。
それでも、若者たちは空に縋りつくのだ。逝く者すら、遺していく者たちに空を手放すなと言い遺していく。戦いの果てに、守りぬいた果てに、かつて自分たちが信じたものがまだ空に残されているのだと、そう信じて。

戦火をくぐり抜け、もう誰も無垢な子供でいられない。友を殺され、愛する人を失い、故郷を焼かれ、自らの手で人を殺し、敵を砕き、残酷な死の洗礼が本当に簡単に、あっさりと命を奪い去っていくのを間近で目の当たりにしてしまったのだ。
もう、子どもたちは子どもたちでいられないだろう。そして、同じ死の洗礼の中を手に手を取り、同じ方向に突き進み、潜り抜けてきた者たちは、戦友という名の絆で結びつくのだ。
図らずも、その戦火から遠ざけられたクレアは、結局何一つカルエルたちと共有する事が出来なかったのが、少し気になる。双方に拒絶の意図がなかったとしても、同じ死地を共有出来なかったクレアと他の学友たちとの間には、もしかしたらとてもとても大きな断絶が横たわってしまったのかもしれない。
まだ、それについては些かの描写もなされていないのだけれど、あの場に彼女が居なかった事は、もしかしたらカルエルとクレア、二人の正体以上に今後に暗い影を落とすような予感がして仕方がない。
翻って、アリエルとカルエルの二人の関係は、生死の狭間で剥き出しの想いをぶつけ合ったせいで、これ以上なく強固なものになってしまったなあ。元々カルエルって、その場の盛り上がりに釣られるところがあるけれど、あの場面で訴えたアリエルへのセリフは、多少装飾過多とはいえ、まじりっけ無い本心をそのまま増幅させた、嘘偽りの無い本音だったんだろうし。あれ、誓いのセリフどころじゃないよなあw

空戦シーンは、とにかく迫力と緊迫感あふれるシーンの連続で、手に汗握りながらも悲嘆に暮れ、絶望感に突き動かされ、息も突かせぬスピード感に翻弄される、と大変素晴らしい出来でした。
巻末の参考資料のページのところに作者が記載しているように、現実の空戦からするとかなりトバしている部分も多いんですけどね。いくらコンバットボックスを形成しようと(コンバットボックスどころか単縦陣だった)、後部座席にまともに照準器もない銃座が一丁しかない複座練習機が、三倍以上の低翼単座戦闘機相手にまともな戦闘が成り立つなんざ、まずありえないですし。
ただ、本作はそういうところに焦点を当てるものではなく、飛空機に乗る若き飛空士たちの生きざまをこそ語るもので、なにより面白さをこそ追求してるものなんだからこれでいい。

寮長の存在は、結構世界観壊している気もするけど、私もこの人好きだからなあ(苦笑
いや、ほんとまんま羽染静さんで、全然変わってないんだよねえ。リヴァ恋とまったく同じシチュエーションで出歯亀してるのは、爆笑させられてしまった。なんでこの人、いつも正座して覗きしてるんだよ!!
もう理屈とか全部抜きで、この人はあの静さん本人だというのを納得させられてしまった。なんでこっちにいるんですか、とか聞く気にもならない。もう静さんだからで納得してしまう恐ろしさw
いや、だから派遣元はいったい何処なんですか!?

著者作品の感想一覧