白雪ぱにみくす!(5) (BLADE COMICS)

【白雪ぱにみくす! 5】 桐原いづみ BLADE COMICS

Amazon
 bk1

白雪が、白雪が、白雪が、デレたーーーーー!?
ぎゃおおおおおおおん!?

叫ぶようなことじゃないのだけれど、キスから始まった出会いにも関わらずこれまで白雪側にはそういう兆候が一切なかっただけに、あの傍若無人な暴虐娘にこんなデレ反応が出てくるのが新鮮で新鮮で。

黄金のリンゴ編は、結局白雪の痣に反応しないまま終わってしまい、色々あったものの万事円満解決に。リンゴが発動した際に、王妃様が白雪のこと必死に抱きかかえて守ろうとしているコマがなんか印象的だったなあ。王妃様だけじゃなく、ミドリ、シンコ、杜若に尾玉、朝顔と総出で庇ってるんですよね。何気にこのコマ、この巻で一番好きかも。
ただ、果たして痣のことが迷信だったのかというと、それで収まりがつくのかどうか。まだ一波乱残ってそうな気もするなあ。

というわけで、白雪に付き纏っていた呪いの噂も根拠が無いものとされたものの、白雪はそのまま花嫁修業ということでミドリの家への居候を継続することに。これまでは、あくまで白雪の見を守るために緊急避難的にミドリの家に匿われていた、というのが正しいところだったのが、これ以降は建前だった花嫁修行が建前じゃなくなってしまったということで、本格的にラブコメルートに入ったってことなのか? まあ盛り上がってるのは周りだけで本人さんたちはそんな意識ないはず、だったのが、白雪がなんか微妙に、意識変わってるし!
発熱の影響があったとはいえ、あれだけ白雪がミドリのことを意識するとは。新鮮だ。とてつもない偉業を目撃したような感覚だ。
風邪が治ってからも、なんだかんだとミドリのこと意識してるし、ミドリはミドリで白雪を助けに行ったことで白雪の存在を完全に受け入れきったみたいなところがあって、白雪の突飛で乱暴な行動にも動じず、なーんかイイ雰囲気なんですよね。白雪のデレが空回りしてなくて、ミドリの鷹揚さのおかげでちゃんと恋する女の子となっているというか。
ここに来て、白雪がちゃんと王子様に恋する白雪姫になってきた、というか。
強要されたものや、儀式的、勢いに任せたものじゃない、ちゃんとイイ雰囲気になってのキス未遂も連続で起こるようになってきたし、これはラブコメとして本格的に始まったな、白雪ぱにみくす。
ソルシール組も現世の方に押しかけてきて、学校の方もメンバー増えて賑やかになってきたし。
このソルシール組参入って、紫蘭やルチルが加わってのドタバタラブコメ要素の強化、というよりも撫子がシンコのクラスに入ったのが重要なんだろうなあ。白雪の問題は概ね解決したものの、霊感が強くて不思議な言動をとりがちなシンコが、クラスから排斥されてる問題は相変わらず変わってないみたいなんですよね。こればっかりは学年の違うミドリは何かするにも限界はあるし、白雪も同じく。白雪の場合は、見境なくブチ切れそうで危険、というのもあるけど。以前も、ちょっとヤバい事があったし。その意味でも、同じクラスに撫子が編入したのは大きいように思う。ミドリもその辺を期待して、撫子にシンコのこと頼んだんだろうし。

ううっ、それにしても最後のキス未遂は惜しかったなあ。あれは完璧にいってただろうに。つないだ手を握り直して、とかもうその所作からしてイイ雰囲気で。何気に、もう片方のミドリの手、白雪のふとももに置かれているのがエロかったり。あれ、あのまま白雪の空間に篭ったままだったら、そのまま押し倒してたんじゃw
こりゃあ6巻も、二人の仲はどんどん進展しそうで、盛り上がってきましたよ。