幕末魔法士―Mage Revolution (電撃文庫)

【幕末魔法士 Mage Revolution】 田名部宗司/椋本夏夜 電撃文庫

Amazon
bk1

一冊の魔導書が秘めた無窮の闇。
激動の時代を舞台に繰り広げる幕末ファンタジー!

 時は幕末。攘夷派と開明派が相克する激動の時代。
 大坂適塾に学ぶ若き蘭学者にして魔法士の久世伊織は、塾長・緒方洪庵の命で、一冊の難解な魔導書を翻訳するため出雲国松江藩に赴いた。
 一刻も早く翻訳を済ませ大坂に帰りたい伊織だったが、招かれた屋敷で手渡されたのは、亡き父失脚の原因ともなった、古の“大崩壊”によって失われた技術・魔法金属ミスリル銀の錬成炉が記された書物だった……。
 翻訳を開始した伊織の周囲の村で起こる神隠し、突然襲いかかる攘夷志士の凶刃、魔法士・金森鳶巣の暗殺。謎を追う伊織と赤眼の志士・冬馬の前に、やがてミスリル銀錬成に隠された無窮の闇が広がっていく!
魔導の旋律が奏でる幕末ファンタジー!


幕末の動乱期を舞台に、だけど西洋から流れ込んできたものは、産業革命によって発展した最新の技術ではなく、魔法革命によって解明された古代の失われた魔法という設定。これはまた、発想の勝利であると同時に、時代劇に魔法と言う要素を無理なくフージョンさせるセンスの賜物だわなあ。うん、これは上手い。蘭学がそのまま魔法にすり変わっているお陰なんだろうけど、魔法と言う要素が決して浮いていない。かなり本格的な時代劇、というよりもしっかりとした歴史小説的な物語なのに。おそらく時期的には長州征伐より前。適塾で緒方洪庵が顕在というのを見ても、攘夷運動が盛り上がりつつも未だ本格的には動乱期に突入していない時期か。長州の動向や、藩士としての立ち位置など、この時期の歴史的背景がかなり丹念に練りこんであり、中途半端に摘み食い気分でこの時代を舞台に描こうとしたのではない本気具合が伝わってくる。
と、同時に魔法というファンタジーの要素も蔑ろに扱わず、丁寧に設定を織り込んでいることが、この見事な本来相反しそうなファクターの混合を成功させたのではないだろうか。
出来れば、この魔法が産業となっている世界の国際情勢や、詳しい歴史観なんかも載せて欲しかったところだけれど。有史以前にエルフやドワーフといった亜人が存在し、古代文明を形成していたのは歴史的事実となってるみたいだし。古代から近代に至る過程でどういう歴史が織り成されていたのはか気になるところだよなあ。鎖国以前はどうなっていたのかとか。まあ、魔法革命が起こるまでは、魔法自体眉唾ものとして扱われていた、みたいな描写もあった気がするけど。産業革命が起こっていない世界では、科学技術の方はどうなっているのかとか、色々と気になるところもあるわけだし。

物語の方は、これもけっこう真っ向勝負の時代小説ですよね。とある理由から地方の藩を訪れた主人公が、その藩内で蠢いていた陰謀を暴き出し、立ち向かう、という展開はまさに時代劇スペシャルそのもの。
惜しむらくは、主人公にしてヒロインであるところの久世伊織が、せっかくの男を装った美少女という設定にも関わらず、あんまり女の子らしいところを見せてくれなかったところかなあ。普段の毅然とした振る舞いとは裏腹の、ふとした瞬間垣間見える女の子らしい仕草や、少女らしい感情、気になる男性を意識したり、といった所が多少弱かったところか。いや、そういうシーンが無いことはないんですけど、そもそも伊織が毅然としすぎてて男と偽る事に対してまるで揺らいでいないからか、ニヤニヤするまでには至らない威力だったというか。男前すぎるんだよなあw この辺は、もっと冬馬を男として強く意識するようになってきたら、変わってくるんでしょうけれど。冬馬の方は、伊織に対してイケイケどんどんみたいだから、もし続くならかなり早い段階でそういうシーンが見れるかも知れないんですね。その意味でも続きがでるなら、楽しみ。冬馬にまつわる秘密なども、まだまだ殆ど見えてきてないわけですし、続く要素はたっぷりあるわけだ。