スイート☆ライン〈3〉オーディション編 (電撃文庫)

【スイート☆ライン 3.オーディション編】 有沢まみず/如月水 電撃文庫

Amazon
 bk1


ああそうか、そういう事だったのか。
前巻の感想において主人公の正午の事を、私はこう触れていました。

彼の役割というか、立ち位置は。不思議といつのまにか、多くの人の土台、支え、大黒柱みたいな存在になってるんですよね。応援団長、というのは云い得て妙かも。

つまるところ正午の存在というのはこの【スイート☆ライン】という作品の主人公ではあっても、主役ではないわけだ。あくまで主役は声優である永遠やはるか、そしてまだ焦点があたっていないけれど舞に、友坂千秋。恐らくは将来的にユニット<スイート☆ライン>を形成するこの娘たちこそが、この物語の主役であり、正午はその彼女たちを支え、応援し、その全力を引き出すために尽力するサポート役として活躍することになるのだろう。
面白いと言うか、興味深いのは主人公をここまで明確にサポート役、補助者としての役回りを割り振っているというところ。正午は物語の中心軸ではあっても、重心ではないんですよね。多数の女の子と男一人という構図のライトノベルとしては、この重力分布は異色と言っていいのかも。
彼の役回りと言うのは、最近のエンタメ作品を見渡して似たようなのを探した場合、小説じゃないのだけれど、ゲームの【アイドルマスター】でプレイヤーが操作することになるプロデューサーという役割が、それに一番近いかもしれない。
さすがに活動方針や仕事を取ってきたりということはしないけれど、担当アイドルのテンション管理などは正午がやっていることと概ねかぶるんじゃないだろうか、これ。

永遠のように男性恐怖症から若干のコミュニケーション不全に陥っている娘を私生活から支えて、そのチカラを発揮出来るように尽力したり、はるかのように自分の進む道を見失っている娘の目をしっかりと見開かせたり、と彼の働きは獅子奮迅のそれである。
特に今回驚かされたのは、はるかに対するアプローチだ。彼女が陥っていた精神状態は、正論を説いても心まで届かず、おそらくどんな言葉を尽くしても受け入れられるものではなかったはずだ。どれだけ正しく、どれだけ真摯な想いが込められ、本当の救いとなるだろう言葉だったとしても、時に人間はそれを素直に受け入れられない状態がある。話しあえばわかるはずだ、なんてものは妄言でしかない。
そんな状態の侭坂道を転がり落ち欠けていたはるかに対して、正午が取った手段は、こいつ本当にただの高校生か? と思うような手の込んだやり方だった。正直、手段そのものについてはまだまだ拙いと言ってしまえるものだったように思うが、巻き込んだ人間の人選が同じ業界で働く人間たちからしたらきっと空恐ろしいもので、そんな人をうまく利用して場に引き込んだ時点で、伝える手段の拙さは補われて有り余るものになっている。
陸上選手として自分の限界を見切り、自らの力で戦う世界から一歩退いた正午にとって、今彼が尽力している、姉を通じて知り合い、大切な友人となった彼女たちを支えるという行為は、彼が好きでやっていることであり、その熱意は単純に彼女らの作り出す素晴らしい作品を楽しみにしているからというだけではなく、誰かを助け、支え、応援するという行為そのものが彼の天職なのだろうと予感させるものだ。
ただ、現状彼の立場を難しくしているのは、彼が今永遠たちに対して行っているサポート行為は、あくまで友人としてのものであって、いうなればボランティアの好意にすぎないわけである。
まだ表面化はしていないが、声優業界の中で彼はあくまで姉のおまけであり、カリスマ豊国のお気に入りであり、今アニメ化に向けて盛り上がっている作品の原作小説家の知人、という立場にすぎない。いうなれば、部外者だ。正午自身は、自分が部外者であることをちゃんと理解し、身の程を弁えて行動しているが、それでも何度かその場の流れから、仕事場に入り、永遠たちを助ける行為に出てしまっている。それで怒られ追い出されてはいないように、決してでしゃばりすぎた真似をしているわけじゃあないんだけれど、確かに部外者の余計な行為に眉を潜めている人たちが、何人かは間違いなくいるんですよね。
もし正午が声優の担当マネージャーなど、ちゃんとした役職につき、仕事として声優の娘たちについているのなら、問題は何も無いのだろうけれど、単なる部外者という彼の立場は、後々大きな問題になってくるのかもしれない。
ただ、今の正午にとって仕事じゃなく好きでやっている事だからこそ、自由に動けるという所もあるから難しいんですよね。仕事だったら、担当している娘以外にまで気を回している余裕はないだろうし、何より許されない。それに、仕事である以上、どうしてもビジネスライクになってしまう面は免れないし、所属している組織の意向を無視できなくなる。色々と制約が生じてしまうんですよね。
今の正午はただの高校生という立場だからこそ、今大車輪で動き回れている、という事は言えると思う。まあ、でも将来的には仕事としてそちらの方向に進むのがいいんでしょうけどね。

今回はオーディション編ということで、サブタイの通りオーディションの情景が描かれていたけれど、ほんとにこんなパッと出来るんですか? ほんとだったら、いや、凄いわー。
プロって、そこまで出来ないとやっぱりやってけないもんなんですかねえ。

順当に行けば、次は舞編になるんだろうか。彼女もなんか、私生活でえらい問題抱えてそうだし。ただ、はるかのような心持ちの問題ならともかく、彼女の場合はけっこう面倒そうだし、それこそ高校生に過ぎない正午の限界が試されているような……。
ラブコメパートは、今回の一件ではるかはもう完全に意識しちゃってますねえ。ただ、正午の方は相変わらず色恋にはまったく興味なし……かと思ってたんだけれど、あれ?
な、なんか千秋に対する態度だけはえらい違う気がしてきたんだが。他の娘が永遠含めて完全に「友達」という所に固定されちゃっているのに対して、千秋と対面してる時だけ妙にあたふたしている正午。というか、話しかけようとして頭で考えている内容が明らかにアレなんですがw
いやいや、これは面白い! なにこれ、どうなるんだろう。こっち方面でもなんか、面白くなってきたw

一巻 二巻感想