IS(インフィニット・ストラトス)〈4〉 (MF文庫J)

【IS<インフィニット・ストラトス> 4】 弓弦イズル/okiura MF文庫J

Amazon
 bk1

あれ? このシリーズの感想を書くのって初めてだったっけ。
私、このシリーズのメインヒロインは実は幼馴染一号の箒でも二号の鈴音でも、シャルでもラウラでもなく、教官であり姉である千冬だろうと予予主張してきたわけですが……。
マテ、マテマテマテ。その一夏のアルバムの情報から推察するに、千冬と一夏って明らかに血のつながり、ないじゃん!!
わっはっは……あはは。

今回、ヒロイン衆を何組かに分けてコンビを組ませての短編集となっているわけですが、うーん……これって(苦笑
いやね、前々から一夏はどうしようもない鈍感で唐変木で、とろくに素直になれもせずわかりにくい言動ばっかり取っているヒロインさんたちが罵倒していらっしゃるのですが、これってもしかして一夏が鈍感とか唐変木というんじゃなくて……単に、ヒロインたちのこと、端から、頭っから、眼中に無いんじゃ(w
物凄く単純に、まったく、完膚なきまでに異性として、恋愛対象として見られていないだけじゃあないのか? と思ってしまったんだが如何だろう(苦笑
しょうじき、この娘さんたちじゃあこの、傍目には一見それぞれ自立しているように見えて、その実極度のブラコンとシスコンだったという姉弟の間に、とてもじゃないがあ割り込めるとは思えない。残念ながら。
今のところ、千冬姉も一夏もお互いと姉弟として以上にはまったく見てはいないんだけれど、だからイコール健全な姉弟の関係かと言うと明らかにおかしい。異常なんですよね。
千冬は分別があるように気取って、一夏は女の子とちゃんと付き合うべきだ、なんて嘯きながら一夏に迫ってくる女性陣に対して気を使った素振りを見せてるけど、三巻で彼女らに告げた「弟は渡さんぞ」というセリフ。あれこそ、無意識がいわせた本音としか見えないんだよなあ。今回色々と言い訳していたけど、言い訳になってないって(w
一夏は一夏で、姉への甲斐甲斐しさが尋常じゃないし。一夏って女の子に対してとても紳士的で親切で優しいんだけど、そこには下心が全然ないんだよなあ。それって、お客さん扱いしていると言ってもいい訳で。

この短編集、興味深いのは今回、主人公の一夏が話の外側に放り出されて、主体はヒロイン同士のやり取りなんですよね。ある意味、女の子同士のコンビの方が息があっているというか、お互いに内面まで踏み込んで繋がりが深くなっていると言うか。
特に、四角四面の軍人の角がとれてきたラウラとシャルの二人は、もう二人付き合っちゃえよ、というくらいにお似合いのカップルで……いやあんたら一夏いらないんじゃね?
ライラは無茶苦茶可愛く面白いキャラクターになったなあ。登場した頃とはまるで別人じゃないか。さり気なく、シャルとの話で購入した私服を、ラストの全員集合回で着こなしているのは良かった。文中では描写してないんですが、挿絵の方でちゃんと着込んでるんですよね。

なんか知らない間に女の子同士でとても仲が良くなっちゃってるのが微笑ましいやら、一夏はやっぱり蚊帳の外というか。こう言っちゃなんだけど、一夏と絡んでもあんまり引き立たないんですよね、このヒロインたちって。ところが、これが女の子同士が絡むと異様に引き立つのは、何でなんだろう。一夏に主人公としての灰汁がないのかなあ。
……でも、千冬だけは一夏と絡むと妙に面白いことになる時があるんだよなあ。やっぱり、千冬がメインヒロインでいいんじゃね? なんか、色々と過去の来歴に秘密も抱えているみたいで、それが一夏の出生と深く絡んでる気配もあるし。
主人公の過去と深く絡む謎を秘め、主人公を見守り続ける女性……って、メインヒロインっぽくないですか?