WORKING!! 7 (ヤングガンガンコミックス)

【WORKING!! 7】 高津カリノ ヤングガンガンコミックス

Amazon
 bk1

アニメ放送が始まり、改めて種島ぽぷら先輩の愛らしさを再認識しているわけだが、この七巻では久しぶりにぽぷら先輩の出番が多かった気がするなあ。なんだかんだとカップリングが固定され始め、キャラクター同士の絡みもそれに準じた組み合わせでの掛け合いに終始することが多くなってきているのだけれど、ぽぷら先輩については特に誰が相方、という頚木もないので自由奔放にみんなと関わり、みんなにイジられる日々w
なごむなー。
でもその代わりと言っちゃあなんだけれど、ぽぷらにだけ恋愛フラグが予感すらないというのは微妙に可愛相でもある。なにしろ、山田ですら最近相馬っちに可愛がられてるもんなあ。
まあ、彼女に関しては小鳥遊くんに愛でられるような永遠の少女性を失わないでいて欲しいので、恋人なんて許しませんよ、というスタンスでよろしいかとw そのままコマの隅っこに身体の一部分を露出し続けるがいい!!

そんなロンリーロードを知らずスキップを踏みながら邁進しているぽぷら先輩とは裏腹に、伊波・小鳥遊組と佐藤・八千代組の恋愛模様は徐々にだが進展している模様。
元々その傾向は垣間見えていたとはいえ、伊波→小鳥遊、佐藤→八千代という一方的だった恋愛感情が、最近かなり確かな感触を持って伊波←小鳥遊、佐藤←八千代というパターンが出てきてるんですよね。まだまだ小鳥遊くんや八千代さんは無自覚なんだが、伊波がモテたりして小鳥遊がえらく過剰反応してイライラしたり、佐藤が辞めるという可能性を知った八千代が動揺しまくったり、と相手のことをはっきりと意識しだしている姿が頻繁に見られるようになって、ニヤニヤ度もましてきましたよーっというところ。
特に佐藤については、そろそろ長年の片思いに決着をつけようかという切羽詰ったというか退路を絶ったと言うか、火サスで断崖絶壁にたどり着いてしまったとかいうような心境に至ってしまっているので、こちらは早い段階で劇的な動きがあるかも知れない。
どういう意味で劇的なのかが実は予想出来ないのが、この【WORKING!!】の恐ろし面白い所なんだが(笑

3巻 4巻感想