輪環の魔導師〈7〉疾風の革命 (電撃文庫)

【輪環の魔導師 7.疾風の革命】 渡瀬草一郎/碧風羽 電撃文庫


Amazon
 bk1

ついに“魔族”と“六賢人”が対峙する──! 激動のシリーズ、第7弾!!

 “聖人”クラニオンの不穏な動きにより、六賢人の関係が軋んでいく中、大国サイエントロフに内乱の兆しが訪れる。“楽人”シェリルに保護されたアルカイン達は、浮遊庭園からその調査に乗り出すが、その地には魔族の影も──
 そんな中、セロは自身の見る夢の内容が、大罪戦争の英雄達と深く関わるものであることに困惑を深めていく。
 反乱軍に協力する魔族、そして内乱への介入を決めた聖教会。様々に入り乱れる各勢力の思惑を前に、アルカイン達が選ぶ道は──!


先の感想で、この作品が個々のキャラクターたちの事情と価値観に焦点を当てて紡がれていた小さな世界の物語から、国際情勢や組織間の対立構造が絡み合う大きな世界の物語へと一気に視点が広がったことに驚きを以て触れていたのだが、ここでさらに過去の歴史という時間軸の方向にまで関連性を広げてきたか!!
かつて、大罪戦争と呼ばれる世界規模の大乱の中で名を馳せた英雄たち。だが、その英雄たちには、史実から抹消された、表の戦争とは異なる闇に葬られるべき戦いに身を投じた歴史が秘されていた。
華々しい表の歴史には記されない、英雄たちがただ一人の敵を討ち果さんが為に集い、その目論見を葬り去るために挑んだ戦い。名のある英雄たちが束になって力を合わせなければならなかった狂気。それが、かの大罪戦争と銘打たれた大乱の真の戦い。
ああ、これまで度々歴史上の英雄の名が口端にのぼり、大罪戦争という過去の歴史に過ぎないはずの戦いが、物言わず物語の傍らにずっと寄り添っていたのは、こういう事だったのか。

今、かつての大罪戦争と同じ何かが始まろうとしており、同時にそれを阻まんとする現代の英雄たちが生まれ始めている、まさに時代が激動の波にさらわれようとしている歴史的瞬間を目の当たりにしているわけだ。
これは燃える。

作者は先のシリーズ【空ノ鐘の響く惑星で】で試行錯誤し続けた、個々のキャラクターの戦いと、大規模な国同士の衝突となる戦記的な戦いとのすり合わせを、この【輪環の魔導師】ではこういう形でハイブリッドしていくつもりなのか。マクロな視点とミクロな視点。それらを両方手放さず、中途半端にせず、自在に融合し分離して演出して行く。非常に難易度の高いやり方だとは思うけれど、この緻密にして基礎となる土台のドでかい考え抜かれたストーリーデザインを鑑みれば、確かな手応えが感じられると言える。これは、当初読み始めた時感じたものよりも遥かにスケールが大きく、大胆で躍動的な物語になりそうだ。しまったなあ、渡瀬さんは最初から【空ノ鐘の響く惑星で】に負けないスケールでこのシリーズ、考えてたんだなあ。正直、見くびってたかも。

しかし、こうなってくるとそもそも<魔族>というのはなんなのか、というのが気になってくるところ。シリーズ当初は魔族=悪みたいなイメージがあったけれど、魔族化する事自体が人間性が邪悪化する事とイコールではないことは、魔族化しながらも敵に回らず味方で居続けた人もいれば、また敵対している魔族勢力も決して悪の軍団ではないことは明らかになってきている。
となると、そもそも魔族化という現象が何によって引き起こされているのか。そこが気になってくるんですよね。かつて、英雄たちが戦ったあの存在が絡んでくる事になるんだろうか。
話が壮大になってきたなあ。

そして、話が壮大になってこようが変わらないのが、フィノのセロへの偏愛である。最近はもうセロが気づかないんだからいいんじゃないかという気にさえなってきたw
フィノって稀代のヤンデレで、思いっきり性格歪みまくっているんだが、その歪み方が真っ直ぐなので(って物凄い矛盾した物言いをしているがこうとしかいいようがないのであしからず)、意外と嫌悪感やらの類は感じないんですよね。ちょっと微笑ましいくらい。微笑ましいと言っても、浮かぶのはひきつった笑いなんだけど(苦笑
お姫様が正直危なかったんだが、あの人のフィノの敵視を回避するスキルは超絶技巧の領域(笑 あれだけセロにベタベタしながら、フィノの殺意が高まる前にヒラリヒラリと避けちゃうんだから、スゴイの何の。それを完全に天然にやっちゃってるんだから。まあ、本人がセロの事を異性として全然見ていないと言うのもあったんだろうが。

むしろ、シズクが変にフィノを見習いはじめたのがむしろヤバいw シズクは生真面目だからなあ。フィノもお付き合いの秘訣とか聞かれて、他の女を近づけないこと、とか真面目に答えないでくれ。

と、セロ一行についてはわりと和やかな雰囲気だった今回。楽人のお嬢さんは、前回苦労してたっぽいから、若いのに曲者の賢人たちに囲まれて色々大変なんだろうなあ、と若干同情混じりにその頑張りを応援していくつもりだったのだが……此の人、アーパーだったw
いやあもう、なんというか……賢人は神器に選ばれるために変人が多いというけれど、こうもアレな人ばっかりというのも凄まじいと言うか、神器自重しろというべきか。ただ、この状況下においては楽人シェリルのアーパーっぷりが、むしろ頼もしい。アルカインの師匠たる魔人が行方不明で、聖人率いる聖教会とかなり深刻に拗れはじめたのを考えると、この後ろ盾は大きい。あのお気楽脳天気な人柄は、対応するのにアルカインも気苦労が大きくなりそうだけど。
気苦労といえば、アルカインはシズクがヤンデレ修行を始めるわ、元西天将のルスティアナがむしろ魔族の時よりも積極的にアルカインを狙ってきているだわ、とフィノへの心労も加わって、そのうち胃に穴が開くんじゃないだろうか。大変だねえ、猫さん。
ルスティアナが魔族化が解かれた後も、大して傍若無人っぷりが変わってなかったのには笑ったなあ。性格的には言葉数の少ない不思議少女なのだけどw
メルルーシパ、妹弟子甘やかしすぎだ(爆笑 西天将のルスティアナと対立していたときには、まさかここまでシスコンとは予想もしなかったぜw


そんなこんなで和やかなセロたち一行と比べて、深刻真剣に戦っているのが魔族の諸君。
のちに<疾風革命>と呼ばれることになるサイエントロフ国の内乱に深く関与していくことになるのだけれど、決して自分たちの都合だけを押し付けてるわけじゃないんですよね。自分たち魔族の足場にするつもりはあっても、ちゃんと現地の人達の事を考え、国のあり方を考え、関わろうとしている。その結果、というかその過程において、ニスロフというとんでもない指導者が現れることになるんだが……。元は国内の貴族領主の一人だったニフロスという男の軌跡は、ちょっとした感動もの。ルーファスたちをも驚嘆させる男の覚醒には、ほんとに驚かされたなあ。この辺の変転は、戦記物として非常に面白く、興味深かった。
このサイエントロフという国の状況は、相当に酷い。二つの民族間の、憎悪という感情に根ざした対立は、おそらくルワンダあたりがモデルなんじゃないだろうか。
人間が人間の扱いを受けられない、地獄のような世界。それが、支配するされる側が歴史の中で入れ替わりながら延々と今にいたるまで続いてきた。
終わることの無い悪夢のようなこの国の在り方に、北天将ルーファスと南天将は敢然と立ち向かおうとしているのだ。そして、それは彼らの下にいるラダーナたちも同様で……。

エルフール国を乗っ取り、セロたちと敵対した彼らだけど、こうなってくるととてもじゃないけど、憎むべき敵とはもう思えなくなっちゃったよなあ。
アルカインたちとは勢力としては敵であっても、個々の感情で憎みあうような敵ではなくなったというべきか。勢力としての敵対関係なら、情勢の変化で幾らでも敵味方は転びますしね。
だからこそ、ラストの展開は激燃え!! もう、無茶苦茶熱かったーーっ! 物凄いイイところで次回に続く、だもんなあ。これは次回が待ち遠しくて仕方がないですよ。素晴らしかった。

2巻 3巻 6巻感想