つぐもも(4)  (アクションコミックス)

【つぐもも 4】 浜田よしかづ アクションコミックス

Amazon
 bk1

土地神の菊理媛の居候としての謙虚で健気な振る舞いに、なんか感動。いや、同じ居候でも傍若無人に振舞ってるお嬢さんがいらっしゃるからなあ(苦笑
しかし、菊理にしても桐葉にしても、すっかり見た目通り精神レベルが幼女になっちゃってるよなあ。やっぱり、外見と言うものは内面にも作用するものなんだろうか。
エロネタが多いのは大歓迎なんですが、桐葉さんの見てくれがすっかり幼女になっちゃってたので、さすがにあんまり嬉しくなかったんですよね。幸いにも、最後らへんで桐葉さん、前くらいの大きさには戻ってくれたのでよかったけど。
というかさー、肝心のお風呂回はこの巻に収録されてないのかーっ! なんだよー、「買ってね」って隠すから勇んで買ったのに(恥じろ
ま、まあその前の裸でイチャイチャ、の回は収録されてたのでまあいっか。しかし、最後のコマ、あれは入ってないにしてもえらいことになってるよなあ。ちょうど後ろから見たお姉ちゃんと菊理が入ってるのか入ってないのかと騒いでいるのを見る限り、モノは姉ちゃんたちから見えないところにあったわけだし……って、いったい何の話を書いてるんだ、あっしは(汗
あと、桐葉さんのご褒美、前の二つはわかったけど、最後の一つがよくわからんw

さて、ここでもう一人のすそばらいの少女皇すなおが登場。うわぁ……ものすげえ自己中だ。正直これは関わりあいになりたくないタイプ。自分の中で勝手にストーリーを構築して、それに無理やり周りを合わさせようとする上に、逆らうヤツは腕力で黙らせる、絶対に自分の都合の悪いことは認めない、と言う何このジャイアンw
ただ、このすなおの兄がすそばらいの勤めで命を落とした話が出てきたように、このすそばらいという仕事、今までのコメディみたいなノリだけで済むようなものじゃないって事を知らしめるエピソードの到来でもあるわけだ。
それを知った上でなお、かずやは母の跡をついですそばらいの勤めを続け、すなおの襲撃を払いのけることが出来るのか。その決意が問われる話ということになる。
にしても、先代すそばらいのかなか母さんの二ページ見開きでのアクションシーンの凄まじいこと凄まじいこと。圧巻も圧巻。ウェブで公開されている時に見て度肝を抜かれたもんだけど、単行本で改めて見直しても、やっぱすごいなあこれ。
アクション漫画としても、見ごたえあるわー。

1巻 2巻 3巻