シャギードッグV 虹の幕間 (GA文庫 な 2-5)

【シャギードッグ 5.虹の幕間 Interlude:Scraps of rainbow】 七尾あきら/宮城 GA文庫

Amazon
 bk1


くわああああっ、面白かった面白かった、べらぼうに面白かった!! 前巻で話にひとまずの区切りがつき、この五巻は短編集という事になったのだけれど、これがもう無茶苦茶に面白かった。
短編集、というか時系列が繋がってるから短編連作か。だけれど、これシリーズ最高傑作と言っていいかもしれない。主人公の大介をはじめとして、まりんや沙織、亜夜先生といったメインキャストたちが抱えていた数々の諸問題がある程度解決を見て、それぞれのメンタル面に余裕が出来たが故に、みんながある意味、後顧に憂いなく自分が思ったことを思い切って全力でやりきれる状態にあるので、みんな変に言動に躊躇いや制動がかかることもなく、フルスロットルでその人となりに相応しい行動を思いっきりとってくれるんですよ。それが、気持ちいのなんの。言わば、これまでの四巻の結果が結実したような、シャギードッグという作品世界のポテンシャルが気持ちイイくらいにぶちまけられたお話になってるわけです。短編連作なので、話自体もきっちり一話で明快に決着ついてますしね。基本的に明るい話に終始していますし。
元々私は、七尾あきら先生の大ファンで、それこそ【古墳バスター夏実】の時代から夢中で追いかけている人なのですが、この五巻は私がこの人を好きな要素が全部詰まっているみたいな感じで、ちょっと尋常じゃない幸福感に満たされてしまった。言ってしまえば、七尾あきらの全部がここに詰まってる、みたいな?

ちょっと一休み、な内容ではあるものの、何気なくこの先の展開においてものすごく重要な転換が含まれている話でもあったのは注意しておくべきだろう。伏線というほどのものではないのだけれど、最重要人物であり最終章の鍵となるだろうオズの内面性に、決定的な意味付けがなされたのが、最初のお話である【小悪魔のフーガ】だ。
このゲストキャラクターである天才少年・斉穏寺輝千代は無邪気で天真爛漫な子供の部分と、聡明で諧謔と絶望と人の情を良く解する部分を矛盾なく並列的に内包した、なかなか類を見ないキャラクターだった。というよりもこの大人と子供の部分を両立させる事が極めて難しい、と言った方が正しいかもしれない。同じ方向性を試みたキャラクターというのは幾らも思い浮かべる事はできるけれど、両者をこれほど高いレベルでブレンドすることに成功しているキャラはちょっと咄嗟には思い浮かばない。
彼がこの話の中でオズに与えたさり気ない示唆に含まれた、あの芳醇な抱擁感はとてもじゃないがただの賢しらな子供に出せるようなものではなかったと思う。あの言葉がオズに与えた影響は、恐らくこの作品の行く末そのものを大きく揺るがしたはずだ。
あのオズに自覚を促す示唆のみならず、彼がオズに与えた影響は凄まじく大きい。これまでの大介やまりんたちの交流で、オズに備わった絶対的な虚無が薄れ、彼女に人らしい心が宿る下地はすでに出来ていたとはいえ、彼らとの関係が既におおらかな安定期を迎えてしまっていた以上、良くも悪くもオズに訪れる変化はこのまま緩やかなものだっただろう。だが、輝千代との生活でオズの変化は劇的なものとなり、その変化の方向性は輝千代の感情的にも理性的にも良き聡明さにあふれた在り方によって、オズの在り方をも善き方向へと導かれる事になった。オズが潜在的にまき散らしていたあの危うい雰囲気が、面白いほど綺麗に拭い去られてたんだから仰天もの。
その変化した方を一過性のものにせず、またあっさり見事に安定させてしまうのが、大介でありまりんであり、亜夜先生であるというのが心憎い。人の出会い、人との縁というものの素晴らしさが、染み渡るようじゃないか。
あのオズが、こうも素敵な表情を見せてくれるようになるなんて。

一方で、このシリーズの肝であるSFサイバーパンクの部分も絶好調。クライマックスでの大介・オズ・亜夜先生・トトの怒涛のサイバーグラップルアクションには正直、イキそうになったがな!! もう、スゴすぎ。電子戦と銃撃戦と格闘と超能力がこれほど高密度に融合した、見ごたえしかないようなアクションの凄さ、素晴らしさはもうこの【シャギードッグ】の専売特許だわ。


ぶっちゃけ、もう一話だけで面白すぎて満足しちゃってたんだが、嬉しい悲鳴でこの五巻は全5話で構成されているのである。ひゃっはーー!!


【人魚姫はそれから】
本来、まりんだけが知っている沙織の秘密というのは、一般人に過ぎないまりんが独りで抱えているには重すぎるはずなんだけど、まりんはもろともしないんだよなあ。毎度のことながら、この子の器の大きさには圧倒されてしまう。それでいて、決して無神経ではないんですよね。ふとしたことから、沙織とその家族との微妙な諍いに踏み込んでしまった時はちゃんとうろたえて、ちゃんと友人としての範囲にとどまろうとしている。親友の事だからって、なんでもかんでも土足で踏み込むような無思慮とは無縁なんですよね。だからと言って距離を置きすぎるのではなく、家族間の問題であろうと親友として口を出すところは断固として口を出す。
やっぱり、まりんは好きだなあ。
幼い頃に引き離され、家族の元に戻った今も、微妙な距離感を感じてしまっている沙織。間違いなくお互いを愛しているにも関わらず、どうしても埋まらない距離感にもどかしくも苦しい思いに苛まれ続けていたこの家族が、ようやく本当の家族に戻ることが出来たお話。最後のお母さんとのやりとりは、胸が熱くなりました、うん。この沙織の家族がみんな屈託なくて、温かくて、ちょっと熱血入ってて、気持ちのいい人達なんですよね、みんな。特にお母さんなんか、明るくて一生懸命でちょっと抜けてて。
逆に、そんな素敵すぎる家族だからこそ、沙織はスポーツ特待生としての夢を絶たれて戻ってきてしまった自分に忸怩たるものを感じて、距離感を感じてしまっていたのだろう。本当の沙織が挫折した際に感じた絶望が、なんとなくわかった気がする。きっと、たまにしか会わなかったはずの自分の家族が、本当に好きで愛してたんだろうなあ。
だからこそ、今の沙織がこうして心の底から今の家族と本物になれた事が、無性に嬉しくて仕方がない。


【あなたに捧げる花束】
異形の大家さんアブドーチャの哀切に満ちた思い出が、今になって戻ってくるお話。
アブドーチャさんって、昔美人だったのかよー。それが、結果的にああいう風貌になってしまったというのは、キツいよなあ。性格が狷介になるのも仕方ないのかもしれない。それでも、大家として店子をちゃんと大切にしているし、ぽんと懐に飛び込まれると突き放せない不器用な優しさをちゃんと持っている人であるわけだ。でも、見た目からするとやっぱりギョッとしてしまう異貌なのは間違いなく、最初から屈託なく付き合えたというまりんは、やっぱりなんかすげえ。
愛情というにもあやふやな、思い出に縁るかつて仲間だった二人の既に老境にさしかかろうという男女のつかの間の逢瀬。自分の惨めな末路を悟りながら、それでも狼たちのテリトリーから逃げずに、女のいる場所に戻ろうとしたウサギの、あの薔薇を抱えた楽しげな歩みが強く焼き付いて離れない。


【一撃】
桂翁の発想は、常人の遙か上を飛込してるわ、これ。これほど無茶苦茶で理路整然としている化け物は見たことが無いよ。なにをどうしたら、カイをこんな場に引っ張ってこようなんて考えが生まれてくるのか。いや、分かっている。桂翁の愛情は、青海塊という怪人をすら包み込んでいると言うことなんだろう。彼を自分の代わりに呼び寄せたというのは、大介をはじめとする弟子衆のためであると同時に、カイのタメでもあったことが事の顛末を見ていると嫌というほどわかってしまう。桂翁のスケールの大きさは、もう戦慄を隠しきれないほどだわ、こりゃあ。
それにしても、カイのなんと楽しそうなことか。みんなの、なんと楽しそうなことか。孤高の天才であった男が、その異常極まる強さゆえに他者と相容れなかった男が、その強さゆえに受け入れられ、まっとうな光を浴びたときにこの男が感じたものはなんだったんだろう。彼がその時浮かべたもの寂しそうな顔に、咄嗟、胸を締め付けられた。


【たぶん、サイコーについてない日】
思えば、大介とまりんがふたりっきりでこんなに長い時間を過ごしているのを見るのは、なんだかんだと初めてじゃあるまいか。
まりんに連れ出され、バイトに向かうはずが、トラブルの連続でどんどん都市部から離れ山の中へと迷い込んで行くお二人さん。後書きにもあるとおり、こそばゆいというか、こっぱずかしい話だなあ(笑
大介とまりんの関係って、ホントに屈託ないんですよね。お互い、何の遠慮も気兼ねもなく言い合える仲で、改めてこの二人って仲がいいんだなあ、というのが実感できる。それでいて、そこはなとなくお互い意識している部分もあって、二人で山道をさ迷いながらわいわい言い合っているのが本人たちは真剣なんだろうけれど、これが無茶苦茶楽しそうで、読んでるこっちまでホクホクと笑顔になっていってしまう。
うーん、こういう屈託のない和気藹々とした異性の友達同士の遠出ばなしって、けっこう新鮮だなあ。変にラブ寄せせず、かといってラブ臭皆無でもなく、ごく自然に仲良くポンポンと掛け合いが飛び交う流れというのは、案外と珍しいんじゃないだろうか。
この自然なやり取りってのが、七尾さんの真骨頂の一つなんだよなあ。私が特に好きな、岩佐まもる・枯野瑛・そしてこの七尾あきらの三人は、この自然な雰囲気の醸成力が飛び抜けてるんですよね。岩佐さんは最近ノベライズばっかりだし(近日、オリジナルっぽいの出すみたいで期待してるんですが、タイトルみるとアレなんだよなあ(苦笑)、枯野さんは最近さっぱり新作見ないし、なので、七尾さんのこれが堪能できて、久々に至福の時間でした。
もう、読んでる間じゅう相好が崩れっぱなしでした、はい。

次巻より、ついに完結編へと突入の模様。もう何年でも待ちますよ。

1巻 2巻 3巻 4巻感想