ハニカム 4 (電撃コミックス)

【ハニカム 4】 桂明日香  電撃コミックス

Amazon
 bk1

えええっ! 此処に至って、今さら萌浮上ですか!? 魔性の女卒業ですか!?
鐘成さんと守時さんがもたもたしているうちに、八方美人でみんなにイイ顔がした御手洗くんが、勘違い終了して正気に返った萌さんにちょっかいを掛けてしまったがために、随分昔に脱落してしまったはずの萌さんが、なんか戦線に復帰してきちゃったんですが(汗
いやいやいや。
鐘成さんは、もうちょっと本気にならないとどうしようもないよ、キミ。バレンタインイベントをスルーしちゃったらダメでしょうw どうも、前よりも仲良くなった事に安心してしまっている節があるなあ。まあ、鐘成さん、自力で頑張るのは一生懸命頑張ってアプローチしてたとは評価できるんだけど。お洒落してみたり、一緒に帰るときに色々してみたり、と。ただ、どうしても届ききってないんですよね、御手洗くんに。
彼女を刺激する守時さんが、今回おとなしかったせいもあるんだろうけど。
そうなんだよ、守時さん派としては今回の出番の少なさには憤りを隠せない。あれだけ各種イベントが引っ切り無しに続いているにも関わらず、守時さんが何ら動きを見せないというのはなんなんだろう。
御手洗くんは、鈍感というのもあるんだけれど、なによりまず自分が非モテだと思い込んでいるので積極性に欠けるし、イイ顔をしようと優しい顔を振りまくのに一生懸命であんまり相手が自分をどう思っているかを考えてないんですよね。だもんで、鐘成さんも守時さんも、周りでうろうろしててもまったく気付かれない。はっきり好きだと言わないと絶対に気づいてくれないタイプなんですよね。若干鬱陶しい(笑
そのおかげで、なんだか御手洗くん側は停滞気味でもあるんだよなあ。前は守時さんが無自覚かつ無邪気に接近してイチャイチャしまくって、それに鐘成さんが焦りまくって、という構図があったんだけれど……。なるほど、ここって結局守時さんが動かないことには全部が停滞してしまうのか。

一方で王理と舞の方はというと、息がぴったりというか実質もう付き合っているのと変わらないのじゃないかという成熟カップルな雰囲気に、コッチ見てる方が楽しくなってきた。
特に今回の珠玉は、王理が二日酔いで遅刻した挙句に現場でも醜態を晒したところを、舞がさっとフォローし喝を入れて支える話。これは二人の関係性を改めて見直す上でも、素晴らしい話だった。この二人、いまさら恋人というカテゴリーに押し込む必要、ないんじゃないかなとすら思える話だった。変に恋人なんて関係を経るよりも、一足飛びに人生のパートナーになった方が変に拗れず良さそうだ、とすら思えるほどに。

シリーズ感想