身代わり伯爵の花嫁修業  I 消えた結婚契約書 (角川ビーンズ文庫)

【身代わり伯爵の花嫁修業 1.消えた結婚契約書】 清家未森/ねぎしきょうこ 角川ビーンズ文庫

Amazon
 bk1

イチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャイチャ。ええいっ、いい加減にしろぃ!(苦笑
もう初っ端からミレーユとリヒャルトのいちゃいちゃっぷりがひどい、ほんとヒドイ(笑
砂を吐くとはこういう事を言うのかー。リヒャルトはこの間から完全に螺子が2、3本飛んじゃってる状態だし、ミレーユも照れながらもツンデレちゃんじゃないから、自分の気持に気づいた今の状態だと素直に青信号、来るならこいっ! てな感じだし、もう留まるところを知らないというか二人とも自重しろというか。
名実ともに婚約者になって、お互いに気持も通じ合い、もう誰憚ることなくイチャイチャできる環境になったとはいえ、本気で自重しないんだもんなあ。大公になって国内の混乱を収めるために半端じゃなく忙しいはずなのに、なんとか暇をひねり出してミレーユにベタベタしにくるリヒャルトのミレーユ・ラブは、もう尊敬しなくちゃいけないなあ。
とはいえ、ここまでラブラブされるとさすがに生命の危機を感じるほどだったので、普段なら馬に蹴られて死んでしまえ、と思うはずのミレーユパパのイチャイチャ禁止令もGOOD JOBと喝采してしまった。まあ、ミレーユに手を出すやつは全殺し上等のミレーユ命のパパさんだけど、リヒャルトのことはある意味フレッド以上に自分の息子同様にかわいがっているので、何だかんだと二人の仲は許してくれているし、喜んでくれてもいるので、二人の仲を裂くとか嫌がらせというわけじゃないので、嫌な感じはしなかったですしね。

ミレーユとリヒャルトとの結婚にはまだまだ難題が山積みなんですけれど、二人とも今更相手の気持ちに疑心暗鬼になるような段階を乗り越え、立場の違いといたものも先のシアラン編で散々苦しみ悩んだ挙句に添い遂げるためならなんとでもしてやろう、と二人して覚悟を決めているので、二人の仲を裂く動きがあっても二人の絆はまったく動じないので、安心してみていられましたね。この手のラブストーリーって、特に少女系レーベルの作品だと、何だかんだとすれ違いや誤解や思い込みで、変にこじれたりするパターンが多いので心配してたんですが、マジ鉄板ですわ、ミレーユとリヒャルトは。
幸い、王太后など二人を応援しながらちゃんと指導してくれる人たちも沢山いるみたいですし、ミレーユはシアランは異国にも関わらず、第七師団の連中をはじめ身内とも言える味方になってくれる勢力がいるので、その意味でも孤立せずがんばれるんですよね。
なにより感心したのが、拗れるパターンの最たるものである、愛する人と情報を共有せず、相手に心配を掛けまいと自分ひとりで問題を解決してしまおうとする姿勢を、ここで見事に潰しているところなんですよね。王太后の指導もあったわけですけど、ミレーユは自分でちゃんと、リヒャルトと問題を共有して、一緒に解決していこうという考えを自分のものとしている。独立独歩の自立心の強いヒロインはこの辺、独走してしまいがちだし、ミレーユも最近までその傾向は強かったのですけれど、なんかこう、リヒャルトを人生の相棒として見るようになったから、つまり奥様としての自覚が出てきた感じがして、凄くいい雰囲気ですw
その点、リヒャルトはまだ、ミレーユが好きすぎて、大事にしすぎる嫌いがあるのですけれど。自覚と反省はあるみたいなんですけどねー。

しかし、キリルのあれは絶対フレッドがなんか悪いことして原因になってるんだろうなあ。あいつは一度痛い目みた方がいいんじゃないだろうかw
セシリアのことも、言い分は聞いたけど、ちょっと彼女のことを甘く見すぎというか、優しくしすぎというか。余裕見せすぎなんですよね。この辺は、ミレーユのことが好きという感情に真摯で一生懸命なリヒャルトを見習え、と思う。

決闘 脱走 潜入 求婚 失恋 告白 誓約の感想