戦闘城塞マスラヲ (2) (角川コミックス・エース 263-2)

【戦闘城塞マスラヲ 2】  浅井蓮次+ 角川コミックス・エース 

Amazon
 bk1


おおおっ、今宵もミズノのバットが血に飢えてるの♪ リップルラップルちんまくてかわいいなあ。
相変わらずの素晴らしいコミカライズ。原作のあのノリを見事に漫画化しきっているその手腕には瞠目させられる。っていうか、ヒデオにあの武器のコンボはマジで怖すぎるよ!! いや、本気でビビったから(笑 似合いすぎるにも程があるって。この目付きの怖さは完璧ギャグだよなあ。
なんと言っても、この「目付きの悪さ」の描き方が秀逸なんですよね。ヒデオって一貫して表情が固まってるから、目付きの悪さが異様に引き立つのですよ。この作者の作風、わりと目付きが鋭かったり悪かったりするキャラクター多いんですけど、その中でもヒデオのそれは異常なほど際立ってて、差別化が完成しているわけです。ホントにこれなら人を殺していると言われても仕方ない目付きだもんなあ。みんなが馬鹿みたいにあの眼光に騙されて、勝手に勘違いしていくのも無理からぬと納得出来る。
そして借金取りが似合いすぎる!(笑 ヒデオ、金貸し関係には履歴書送らなかったんかな。まあ、表のルートからこんな目付きのヤツ雇わないだろうけど。こんなのが居たら、内臓売られそうだしw

そして、勇者長谷部翔希に、ヒデオぶち切れる、の巻。ヒデオが本気で怒ったのはこれが最初になるのかな。いやもしかしたら、これが最後、唯一だったかもしれない。
そりゃあ、五社程度の不採用で不景気だなんだと嘯かれたら、怒るわなあ。面接もさせてもらえないで孤独死しかけてた身としては。というか、ヒデオ怒るとマジこええよ!! あの翔希がマジびびってましたよ!!

というわけで、お・り・が・みのキャラクターも次々と登場。かの作品のファンとしては、みんなのビジュアルがこうして動くキャラとして見られるのは感動モノです。女の子はみんな一貫してカワイイんだよなあ。そんな中で特にガチだったのがみーこ様。うわっ、この人だけ別格だ。他の子がおおむね「かわいい」という括りなのに対して、この人だけ圧倒的に「美人」。美しい!! 基本、この人怖いはずなんだけど、浅井版みーこ様は、なんかいいなあ。ウィル子に、食べ物を与えて喜んでるところなんか微笑ましい。そんなポンポン懐から食べ物だして、持ち歩いてるんですかみーこさま?

あと、ビジュアルというとはにま……じゃなかった、ハニ悪さんがガチすぎた(笑
兜の上の飾りまで完全再現じゃないか。サングラスみたいにアレンジされてるけど、あの飾りありましたよ、王子にもww
まさかこの中身があんなのとは、この人登場した時点では思わなかったよなあ。明らかに一髪キャラじゃん!

ストーリーはエリーゼ商会と魔殺商会のガチバトル第一弾、聖魔グランプリ開催まで。ウィル子の進化とともに、ヒデオとウィル子の関係も徐々に変化しだしてるんですよね。その二人の関係の最大のポイントになるのが、この聖魔グランプリ。
あの大暴走ロードレースがどう描かれるのか、楽しみで仕方ない。

1巻感想。