すてっち! (HJ文庫)

【すてっち!】  相内円/ほっぺげ  HJ文庫

Amazon
bk1


すてっちとはなんぞ? と思った人は多かろう。女性でなければ、なかなか知っている人は少ないのではないだろうか。ステッチとは曰く、裁縫、刺繍などにおいて、その縫い方や縫い目のことをいうのだそうだ。
すなわちこれ、手芸部のおはなしである。
スポ根モノとは一線を画した部活モノがゆるゆると増えてきた昨今だけれど、まさかの手芸部!
あとがきによると、ノリは完全に萌え系四コマ漫画を意識したものだそうだ。そういえば、最近は四コマ漫画の方がこの手の文科系サークルのゆるい日常系コメディって多いですもんね。それらがライトノベルにも波及してきたと考えるべきか。
なるほどなあ、今後この傾向の作品はもっと増えてくるかもしれない。笑える小話を大量生産することが果たして簡単かどうかは疑わしいけどね。気軽に笑えて、時々ほろりと胸を温かくさせつつ、それとなくストーリーも進展したり、とゆるゆると進む割に着実に前進させないとただの読んでてもタルいだけの作品になっちゃうので、けっこうバランス感覚やセンスが必要になってくるジャンルのような気がする。まあ、簡単なジャンルなんてないのだけれど、テンプレを水増しすればオッケーという訳にもいかないので、それなりに難易度はあるんじゃないだろうか。慣れるといくらでもサクサク書けそうではあるけれど。
で、本作だけれど、これまたちょっと思い切ったな、と思うくらい何事も起きませんね!(笑
キャラクターも個性的ではあるもののエキセントリックとまでは行かず、わりと普通の子たちですし。いや、部長だけやたらとキャラがアレな方向に立っちゃってますが。昨今はやりの残念系ではあるんですけれど、残念とかダメっ子というのをもう通り越しちゃって、可哀想な子レベルなんですけど、部長(笑 その可哀想な部長を可哀想なくらいに容赦なく無邪気に吊るし上げる夕ちゃんのさらり毒舌が、かなりウケましたww みんな、悪気ないって言ってるけど、あれはあるだろう! 口が悪いと評判の美晴より、明らかに毒舌でしょう!
まあ、あれだけボコボコに言われながら、ヘコむのはその時だけで次の瞬間、何事もなかったかのように復活してしまっている部長はちょっとは反省しろ。この子はボコボコに言われても仕方ないなあ、というレベルの残念を通り越した可哀想な子w 本人は生きてるのが心底楽しそうなのが、何故かむかついてくる不思議。なにかこう、攻撃性を刺激される人柄なのである。なんとなく殴りたくなるタイプ(笑
なので、夕ちゃんのナチュラル悪口雑言集が、妙に心地いいのでありました。よし、もっと言ったれ。

手芸部とはいえ、別段手芸で頂点を目指そう、などという話でもなく、単にそれぞれ楽しみながら自分の創りたいものを作り、覚えたい技巧を一つ一つ覚えていくだけの、本当にゆるい話。これ読んでても手芸について詳しくなる、というほどの知識もひけらかされるわけでもないですしね。特別上手い子、というのも普段陸上部にいる先輩だけですし。
何気に、人間関係が部活内に閉塞しておらず、妙なところから外に外に絡まりながら広がっていっているのがまた面白い、というかこのへんも最近の四コマ漫画に見受けられる傾向だな。この、人間関係の芋づる式にキャラクターが増えていくみたいなところ。思わぬところに繋がりがあったり、迂回して変なところで関係が輪っかになっていたりと、相関図を思い浮かべると妙に楽しくなってくる。なるほど、これはとても上手いこと萌え系四コマをライトノベル化出来ているんじゃないだろうか。
あの系統の漫画が好きな人は、これもけっこうイケルと思う。私はなかなか楽しめた。