白雪ぱにみくす!(6) (BLADE COMICS)

【白雪ぱにみくす 6】 桐原いづみ BLADE COMICS


Amazon
 bk1

撫子がかわいいかわいい、可愛すぎて首根っこひっつかんでぐるんぐるん振り回したくなるくらい♪
こっちの世界に来てシンコのクラスに編入することになった撫子。そこで、彼女はシンコがうけている深刻なイジメを目の当たりにして、ミドリが心配していたことの意味を理解するのですが……ここで彼女が示す態度は単なる正義感じゃないんですよね。彼女が目の当たりにしてしまったものは、かつて自分が妹である雛菊に辛く当たっていた振る舞いと同種のもの。そこで、彼女は自分がどれだけ醜悪な行為を妹にしてしまっていたかを図らずも目の前に突きつけられてしまうわけです。もちろん、既に此処に来た時点で彼女は今までの自分というのもを反省はしていたんでしょうけれど、実際にその醜さを目にした時の痛みはひとしおだったでしょう。彼女がシンコへのクラスメイトのやり口に怒りを噴火させたのは、かつての自分への嫌悪でもあったわけです。
それをちゃんとわかっているシンコもシンコだけど……。一方的に撫子がシンコの立場を救済するのではなく、お互いを補完するような構図に持っていくのは上手いよなあ。

そして、ニヤニヤが止まらないラブコメ展開。前回、白雪がミドリの事を強く意識しだして一気にラブコメ色が爛漫となってきたのですけれど、ここに来てミドリの方も、いやコチラの方がはっきりと白雪への恋心の自覚きたーーーーー!!
うわああ、もう真っ赤になって意識しまくりじゃないかー。二人きりになった時のテンパリぷりなんか、もうね? もうね? 今になって一緒に暮らしているのが苦行になってるし。一つ屋根の下にいるものだから、まともに寝れないって、どんだけ意識しまくってるんだよ。
ああもう、いいなあいいなあ。

パーティーのシーンでは、雛菊と撫子の姉妹のシーンもあって大満足。ええい、素直じゃないお姉ちゃんだな、撫子は。

そして、ある意味このシリーズの一番の懸案だったシンコのイジメ問題。なにより一番問題だったのは、イジメをシンコが仕方ないこととして諦めていることだったんですよね。撫子がイラついてたのはそこにも理由があったわけだし。シンコは変わり者で、周りの目に対して平気の平左という素振りを始まりからずっと崩さなかったわけですけど、いくら彼女が不思議ちゃんだからといって普通に心の痛みを感じないというはずがない。
だいたい、シンコが辛い目にあっていることを兄であるミドリや、白雪たちがどう感じるのか。その視点を、ずっとシンコは欠いていたんですよね。とても聡明な彼女が、そんな簡単なことにずっと気付かなかった。それが、彼女が受け続けていた苦しみの大きさを逆に物語っていたのではないでしょうか。
そして、それは白雪たちが集まるまで彼女の学内での唯一の友人だった、幽霊のお園さんが旅立つ日が来たことで一気に顕在化するわけです。
このお園さんとのお別れパーティーでのみんなの自然な態度が、むちゃくちゃ素敵なんだよなあ。白雪が攫われたときに、一緒に冒険した仲とはいえ、相手はシンコしか声も姿も見えない幽霊。なのに、みんな賑やかに、笑顔で集い、送り出してくれる。これは、泣くよなあ。心残りはシンコのことだろうけれど、こんな人達が周りにいてくれるなら、安心して逝ける。再会の約束を交わし、旅立っていくお園さん。初めて、その本当の容姿を見せてくれたお園さん。最後のとびっきりの笑顔には、胸キュンでございました。
そして、お園さんがくれた言葉は、シンコに勇気を与えます。これまでずっと押し殺してきた気持ちを、本当の想いを、表に出す勇気を。その相手は、勿論自分をずっと見守り続けてくれた兄で、そんな二人をこっそりと見守る白雪も、心配する撫子たちも、みんなみんな温かいんですよね。もう、この巻読んでて胸が熱くなりっぱなしだった。
仕方ないで済まさない、諦めない強い意志。いやあ、私もさいごはスッとしたよ。それで全部が解決するわけじゃないけれど、ミドリや白雪や撫子たちが周りにいるのだから、シンコの心持ちさえしっかりしているのなら、これからは大丈夫。もう大丈夫。
ああもう、みんな素敵すぎる♪

1巻 5巻感想