アンチ・マジカル 〜魔法少女禁止法〜 (一迅社文庫 い)

【アンチ・マジカル 〜魔法少女禁止法〜】 伊藤ヒロ/kashmir 一迅社文庫

Amazon
 bk1

魔法少女禁止法』制定から10年。一切の魔法少女活動が禁止された世界で、引退を拒否して非合法のまま活動を続ける魔法少女がいた――。
気弱で女の子みたいな所のある少年・佐倉真壱は、彼女に助けられたことがきっかけで女装魔法少女となり、元魔法少女達を狙って起こる事件を追いかけることに……。

またこれ、とんでもない作品が出てきたもんだ。筆者は最近とみに多くなったエロゲ畑のシナリオライターの人、というだけなら今となっては目新しくはないんですよね。でも、この人が他と違うのは、おもいっきり陵辱ゲーとかそっち系のゲームで書いていた人だという話。そんな人がどんな話を書くんだと、実はかなり興味津々だったんですよね。で、読んでみたわけですが……これはもう、どう言ったらいいんだろう。度肝を抜かれた、というのが一番正確か。
あとがきによると、これは魔法少女版ウォッチメンだそうで、件の映画は実はまだ見てないのですが、だいたい大まかな話の流れはこの映画だというのは理解して、その上でこの作品をどう捉えるべきかは非常に考えどころなんですが、既存の魔法少女モノの作品、たとえばセーラームーンやレイアース、怪盗セイントテールやナースエンジェルりりかSOSといったものを露骨にパロディしているものの、こうした魔法少女というジャンルを茶化してシニカルに扱っているのとはちょっと違うわけです。かと言って、現実の世界と魔法少女という存在をかち合わせてそれぞれが内包している問題点を風刺する、といった何かを提議するような内容でも無い。
ここで描かれる現実は、生々しい忠実な意味でのリアルではなく、醜悪であることを強調したフィクションの現実に過ぎない。
だったらなんなのか、というと、これ、純粋に魔法少女を題材にしたエンターテイメント作品だと思うんですよね。ただ、既存の魔法少女モノのタイプと大きく異なっているのは、これがひとつの願望によって成り立っているということ。その願望とは、誰もが多かれ少なかれ持ち合わせているだろう背徳に悦を得る感覚。綺麗なものを穢す快感。言うなれば、誰も踏み行っていない真っ白に広がる新雪に、思うがままに足跡をつける感覚、とでも言うのでしょうか。
魔法少女というジャンルに照らし合わせるなら、純真無垢で夢や希望や愛や友情さえあればこの世界で出来ないことなんて何一つ無い、と心の底から思っている強くて綺麗で輝いている魔法少女に、醜悪でグロテスクで理不尽で汚泥のように汚らしい、どうしようもないただの現実を与えたらどうなるか。
夢みたいなことばかり言って、実際にそれを叶えて幸せそうにしている少女たち。それを見ている人たちはその甘い砂糖菓子みたいな理想に共感し幸福感を感じると同時に、心のどこかで少しでも思った事はないでしょうか。そんな彼女たちに、魔法少女の力が何も叶えられない薄汚い世界を突きつけてみたい、と。
これは、言わばその願望が現実となり、魔法少女達が夢から覚め、十年という月日が過ぎ去った世界。
魔法少女禁止法、というのは単なる象徴であり、この法律が出来たから魔法少女がいなくなったわけじゃないんですよね。既にこの法律が出来る以前に、異世界からの敵を撃退した魔法少女たちは、自分たちが現実世界の前ではグロテスクなモンスターでしかないという事実に、いや自分たちが信じていた夢や理想が幻想に過ぎないという事実を前に、心折れ、変質し、表舞台から逃げるように消え始めていたのです。この法律は、あくまでその現実を目に見える形にしただけに過ぎないのです。
魔法のステッキとともに、夢も理想も甘いお菓子のような正義すらも置いてしまったかつての魔法少女たちは、十年という月日を、子供から大人になる人生をそれぞれに過ごすことになります。ある者はその才能をいかして栄達し、ある者は仕事に生きがいを見出し、ある者は平凡だけれどしあわせな家庭を手に入れ、またある者は人生を踏み外し、ある者は夢破れて落ちぶれ、またある者は犯罪者として監獄に入れられ、またある者は心壊れまともに生きる事もできなくなり、またある者は人ですらなくなってしまった。
殺された者すら居る。魔法少女としてではなく、ただの8歳の幼女として。
そんな中でただひとりステッキを置かず、このグロテスクな世界の中で最後の魔法少女として戦うのが、おしゃれ天使スウィ〜ト☆ベリー(24歳)なのである。

彼女がなぜ、今もなお戦い続けるのか。その理由は衝撃とともにクライマックスに明かされることになる。彼女は道化ではない、過去に囚われた者でもない、未来を指向しているわけでもない、賢明でもなく愚かでもない。ただただ、無残なのだ。
そんな彼女に憧れ、ベリーを追いかけ新たな魔法少女となった佐倉少年は、言わばまだ夢見る魔法少女だ。現実を直視せず、自分の見たいものだけを見、自分の信じたいものだけしか受け入れず、周りを傷つける事しか出来ない……魔法少女たちが受け入れ切れず、ステッキを投げ捨てることで放り出した、「魔法少女であることの醜悪さ」を一身に体現してしまった哀れな存在。そして、そのことに全く気づいていない愚か者。
彼女と彼、そしてかつて魔法少女だった者たちの今を描いたこの物語は、まさにかつて綺麗だったはずの汚れたものを哀れみ慈しむことで後ろ暗い悦楽を得る、そんな痛みに心どころか価値観すら揺さぶられる物語だ。
微温くはない。バカにしてもいない。茶化してもいない、ふざけてもいない。徹頭徹尾、真剣で、本気でこれは魔法少女というジャンルを愛でようという意気を感じる怪作である。
ただし、その愛し方はハラワタまでしゃぶりねぶり尽くすような、惨たらしいほど凄惨で容赦呵責もないものだけれど。
なんにせよ凄い、というよりもここで語られる第三世代魔法少女、そして第二世代魔法少女の年代を跨ぐような年齢にいる自分にとって、件の作品たちをリアルタイムで見てきた身としては、恐怖のようなものすら感じた、とんでもない作品だった。
……とんでもない作品だった。