神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと真夜中のカルテット (GA文庫)

【神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルと真夜中のカルテット】 あざの耕平/カズアキ GA文庫

Amazon
 bk1

ここで語られる創作者の心情が、筆者当人の考えではない、というのは大いに主張するべきところではあるけれど、あざの耕平はつまるところダン・サリエルみたいな奴なんだよ! というのはもういっそ認めちゃったほうが売りになるんじゃないですか?(笑
ああ、あざのさんってああいう人なんだー、という生暖かい視線に事欠かなくなることでしょうしw

というわけで、神曲奏界ポリフォニカワールドの中でも、唯一音楽の部分にスポットを当て、現実と理想の狭間に苦悩する芸術家たちをコミカルに描いたダン・サリエルシリーズも……ええっ!? これで終わりなの!? ひとまずの幕、良い区切りなどという文句を見ていると、また機会が合わされば書いてくれそうな気もするけど、間はどれだけ空いても構わないので、ポツポツと書いてくれないかなあ。
一応の最終巻となる三巻は、三話とエピローグという構成。
毎度、というか常に自分の掲げる理想と現実との狭間に苦悩する天才芸術家サリエルですが、今回はその中でもとびっきりの大ピンチ。
スランプ、である。
これは、特に理由もなくなってしまうものが本気で質が悪いんですよね。そうなる原因が無い以上、治るためのとっかかりも掴めない。色々試行錯誤しようとも、ダメなときはとことん駄目、何をやっても駄目。ダメダメダメ、が続いていくとだんだんそれまで自分がどうやってそれをやってきたかすらもわからなくなってくるんですよね。
場合によっては、本当にここで筆を折ってしまったり、楽器を置いてしまったり、という人も決して少なくないのです。スポーツ選手もスランプから引退にまで滑落してしまう人は珍しくありませんけど、練習によって身体能力を維持しているスポーツ選手ですら、感覚を見失うことで自分のプレイスタイルを崩落させてしまうのです。ロジカルでシステマティックな方法論が前提にあるとしても、その感性によって成り立たせている芸術というジャンルでは、よりスランプによる破綻が顕著になっていくのではないでしょうか。
音楽と執筆という違いはあるとはいえ、よくもこんな怖い話を書くよなあ(苦笑
そして、スランプも極致へと陥った最終局面にて、サリエルがしみじみとモモに語った、音楽に対する姿勢の話。これって、けっこう聞く人、読む人にもわかるもん、伝わるもんだと思うんですよね。そして、そうやって創りだされたものには必然的に迫力みたいなものが備わるんです。これは、内容が緩い話だったり、バカバカしいくだらない話でも変わらない。緩いなりに、バカバカしいなりに、くだらないなりに、渾身が伝わってくる。伝わってきた以上、やっぱり受け止める側も相応に気合がこもるわけですよ。そして、やっぱり適当に作られたものだとね、適当にしか受け止められないんですよね。

そして、二話ではなんとかスランプは脱したものの、どん底の時の演奏をさんざんに酷評されて、荒れまくるサリエルの図。ただ、普段は根に持つだけでそんなに気にしないものの、今回に関しては実際にひどい演奏だっただけに、サリエルが色々と気にして挙動不審になるおはなし。
スランプの時も相当ひどかったけど、けっこう繊細だよなあこの歩く傲岸不遜は(苦笑
酷評って、自分が気にもしていない部分をどれだけ指摘されても、鼻でフンと笑い飛ばせるものなんですけど、図星つかれたりするとかなりへこむんですよね。これは自信家だったり自分の手がけたものに揺ぎ無い自負を抱いている人でも、というかそういう人こそダメージが大きかったりする。
ここでサリエルが口走ってる暴言は冗談の類なんでしょうけど、サリエルの挙動不審っぷりはこれはちょっとディティールがリアルすぎますよ?(笑
まあサリエルみたくここまであからさまに傲慢で性格極悪な人はいないでしょうけど、表向き謙虚だし、内心でも謙虚たらんと心がけている人でも、その心のなかの建前をとっぱらったらサリエル並みって人はけっこういると思いますよ(笑
酷評ってのは、ある意味そんな自分でも一生懸命押し殺している部分を刺激し、ぐらぐらと揺るがすものなのかもしれませんね。いやね、サリエルのオレはもしかして、ひょっとすると、傲慢だったのか? というマジなセリフに、色々と、ねえ(笑


んでもって、最後の三話は原点回帰。キーラ・アマディアのあがり症、ひいては彼女が今置かれている現実と向き合うおはなし。
押しかけ弟子であって弟子じゃない、と言うくせにサリエルのアマディアへの面倒見の良さは、師匠と言うにも一生懸命過ぎるんですよね。
アマディアに女としてみてもらえる目があるかどうかは、ちょっと計り知れない部分がありますが(今回の話読んでて、もしかしたら可能性はあるのかも、と思うようになりましたけど)、演奏家としての彼女は文句なしにサリエルに認められ、愛されてすらいるんですよね。
前の感想でも書きましたけど、サリエルって音楽に対してはびっくりするくらいに理想家なところがあって、その理想は自分の音楽に留まらず、他人が弾くそれにまで広く及んでいるんですよね。音楽を愛する彼に取って、アマディアの音楽が失われてしまうのは我慢がならないこと。故にこそ、あそこまで無茶をしたんでしょうが……さて、そこにどれだけアマディア個人への親愛があったものか。ここで最終巻となってしまうのなら、それはご想像にお任せします、なんですよね。ちょっと残念。まあ、あんまりラブ方面には縁のないシリーズでしたし、これくらいの匂いでよかったのかもしれませんけど。
前回登場のリジアたちも登場しての、オールスタークライマックス。相変わらず、こっちのユフィンリーは面白残念美人で、素敵すぎます(笑 このユフィンリー好きだなあ。

ここで幕となってしまうのは、やっぱりとっても残念なので、何らかの形で続いてくれないかなあ。大迫さんが逝去なされた上にこのシリーズも終わってしまうのだと、ポリフォニカシリーズ
が手薄になってしまいますし。
別のキャラクターで新シリーズ、というのもありかもしれませんが。