僕は友達が少ない 4 (MF文庫 J ひ 2-22)

【僕は友達が少ない 4】  平坂読/ブリキ  MF文庫J

Amazon
 bk1

髪型がかわっても残念は残念
夏休み明けに衝撃的な出来事があったものの、羽瀬川小鷹は相変わらず友達のいない学校生活を送っていた。一方隣人部では、夜空に触発されて他の部員たちまでイメチェンに挑戦したり、手つかずだった小鳩の夏休みの宿題をみんなで手伝ったり、BLアニメを鑑賞したりと、これまでどおりの残念で賑やかな日常が繰り広げられるのだった。しかし、一見前と変わらない様子の夜空が、たまに可愛い素振りを見せることが……。これはもしかして――デレ期? 一方星奈の父・天馬と小鷹の仲も深まったり――。大人気残念系青春ラブコメ第四弾、僕たちの熱く残念な季節は終わらない!


なんで星奈のおやじの方と仲が進展してるんだよッ!?(笑

前回のラストで夜空が髪をバッサリと切って、実は幼なじみのソラだったという事実が明らかになり、これは怒涛の新展開か!? と期待やら不安やらを募らせながら最新四巻に挑んでみたら……特に何も変わってないですよ!?
うぉお、なんか見事にスカされましたよ?
これ、二人はどういうつもりなんだろう。微妙に誤解が生じている気がするぞ? というか、夜空が選択肢を間違えたというべきか。夜空は、隠していた事実を明かしたことで、さらにそれを二人きりの秘密にしたことで、表向きは友達じゃないけど本当は幼い頃にソラとタカと呼び合ったように友達同士……隣人部の中でこっそり自分たちだけが友達同士、みたいなこと考えてるんじゃないだろうか、こいつ。対して小鷹の方は、呼び名をかつてのソラではなく、夜空と呼ぶようにと言われたために、過去の友達関係は現在に適用されないために、過去は友達だったけど今は友達じゃありませんよ、みたいに思ってるっぽいよこいつ。
そもそもなんで夜空が髪を切って、自分がソラだと明かすまでに切羽詰ったか、なんて小鷹はまるで知らないし気付いていないし察してすらいないわけで、このすれ違いは今のところ表面化していないけど、今後の爆弾となりかねんなあ。
どうも、星奈との方でも、絶賛小鷹の知らないうちに秘密の関係が進展中、みたいになってるし。星奈じゃなくて正確には星奈の父親の天馬さんとの秘密だけど。
だからなんであのお父さんは小鷹にあんな怪しい素振り見せるんだよ!? あんな典型的なツンデレな対応されたら、もしかして本気で小鷹のこと好きで気にしてるんじゃないかって条件反射で考えちゃうじゃないかどうしてくれるんだ!(笑
「サービス回(柏崎さんの裸シーンあり)」には良いように振り回されましたよ、ええっ、ええっ、期待しましたともさ! ブリキさんのあの肉感的な絵柄の裸体を思う存分ねぶるように堪能できるのではと期待しましたともさ! 期待以上でしたよっ! あのみっちりと詰まった「肉」の裸体! ふとももにかけられたタオルのたわみの向こうに垣間見える扇情的なスリットのライン。認めよう、絵師様はいい仕事したッ!(涙目

最近、ようやくマリアの良さが分かってきた。最初は下品でうざったらしいやかましいガキだと思ってたし、マリアの言動は最初から一切変わってないんですけどね。いや、ちょっとは変わったのかな。生意気なところが薄れて年相応になついてくれるようになってはいるけれど、まああの下品さとやかましさは変わってないんですよ。でも、そこが妙に可愛くなってきた。
傑作漫画【よつばと】で感心したのと同じ部分なんですが、マリアの言葉遣いとか反応とか仕草とか、ほんとにリアルな子供っぽいんですよね。前巻まではそういう風には感じ無かったんだけどなあ。でも、この巻のマリアはギャーギャー騒いでる姿が、ああこういう子いるよなあ、子供ってこういう反応するよなあ、と自然に思えて、なんだか妙に微笑ましくって可愛かったんですよね。新登場したマリアのお姉ちゃんの残念さはもうどうしようもない、ある意味今までのキャラに追随を許さない、それは幾ら何でもダメだろう、挙句にもう治らんだろう、という本気で残念な残念さであるのに比べて、マリアは真っ当に成長したらちゃんと真っ当な絶世の美少女になってくれそうなので、将来性も有望ですし。小鷹が面倒見てたら、普通に健全な美少女に育ちそうな気がするぞ。
それに比べて、お姉ちゃんは……これ、女としてダメだろう。誰か躾しなおせ(苦笑 ある意味、理科よりよっぽどタチが悪いぞ。素材がいいだけに、これはダメすぎる。
しかし、小鷹は幼女の裸に関しては本気で無関心なんだな。妹の小鳩の裸にも無反応だったけど、あれは妹だからというだけでなく、純粋に幼い子の裸は冗談でもそういう対象として映らないってことなのね。

さて、第二の爆弾が炸裂したところで、四巻も終了。このシリーズ、とにかく巻末に爆弾を炸裂させるパターンを確立してきたな。それでいて、次の巻では不発で地雷となって先々のために潜伏するというこの巻のパターンを踏襲するかは、今回の一件は幾ら何でもなあなあですまないだろうから、そう簡単にはいかないだろうが。

しかし、夜空に取って友達の定義ってほんと、なんなんだろう。友達という関係へのこだわりか、はたまた小鷹というたった一人の男との関係が大事なのか。前者なら、最後の王様ゲームであんなに取り乱してはいけないはずなんですよね。なにしろ、夜空の中ではもう、友達同士でもキスオーケー、というのが「ホモゲー部」の話でインプットされてるわけですし。
このシーンの夜空は、ちょっと頭一つ抜けてもろに女の子だったなあ……眼福眼福w

1巻 2巻 3巻感想